かぎけん花図鑑

サトウキビ

基本情報
花名
サトウキビ
英名
Saccharum officinarum
学名
Saccharum officinarum
別名
カンショ, 砂糖黍, 甘蔗
原産地
インド
生活型
砂糖の材料となる農作物
コメント
サトウキビ(砂糖黍 、学名:Saccharum officinarum)は、インドのガンジス川流域原産で、イネ科サトウキビ属の植物です。亜熱帯地域~熱帯域の畑で栽培されます。砂糖の原材料となる有用な農産物です。日本へは中国福建州より奄美諸島に渡来しました。原料となるサトウキビは草丈3 mになります。立ち姿は巨大なススキのようです。葉は細長い線形で、茎の基部は木質化しています。 竹のような茎は節の間が詰まっており、糖分を含みます。 利用するのは髄で、生食や、料理素材、砂糖や黒糖などの糖類を作ります。さらに糖から各種食品が作られ、 黒糖焼酎や、ラム酒等のアルコール飲料となります。さらに、ガソリンに代わる植物性燃料として工業用エチルアルコール、 搾り滓からパルプが作られます。 サトウキビを原料として搾って汁を煮詰めたものに、黒砂糖(クロザトウ)、別名で黒糖(コクトウ)があります。また、 糖蜜を残した三温糖(サンオントウ)や、和三盆(ワサンボン)があります。 黒砂糖を使った代表的な駄菓子が「かりんとう」です。これは、小麦粉に、砂糖や、水、イースト、塩などを入れて、短い棒状にして油で揚げ、黒砂糖の蜜を塗って乾燥させたものです。
一般名:サトウキビ(砂糖黍) 、学名:Saccharum officinarum 、別名:カンショ(甘蔗)、ウージ(沖縄方言)、ugarcane(英名)、分類名:植物界被子植物単子葉植物綱イネ目イネ科サトウキビ属 、原産地:インドのガンジス川流域 、生息分布:沖縄諸島、ブラジルやインド、中国などの(亜)熱帯地域、環境:畑、草丈:300 cm、葉色:緑、葉形:細長い線形、茎:竹に似ているが節の間は詰まっていて糖分を含む 、収穫:植付けから収穫まで1年かかる、収穫期:冬、用途:髄を生食や、料理素材に、砂糖や黒糖など各種の糖から様々な食品が作られ、黒糖焼酎やラム酒などのアルコール飲料や、工業用エチルアルコール製造の原料、搾りかすはパルプなどに利用される。 生食する場合:外皮は固いのでナイフで剥き、髄の汁を味わい、カスは吐き出す。備考:日本へは中国福建州より奄美諸島に渡来。
詳細情報
イネ
イネ
サトウキビ
サトウキビ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
1月 2月 3月 12月
高さ
200  ~ 300  [cm]
花径
0.2  ~ 0.3