かぎけん花図鑑

タカナ

基本情報
花名
タカナ
英名
Literacy
学名
Brassica juncea var. integrifolia
別名
高菜
原産地
中央アジア 
生活型
耐寒性越年草の野菜
コメント
タカナ(高菜、学名:Brassica juncea var. integrifolia)は中央アジア原産で、アブラナ科アブラナ属の越年草です。タカナとザーサイ(搾菜)は、カラシナ(辛子菜、学名:Brassica juncea)の変種です。茎葉が野菜として利用されます。草丈は30〜60cmで、葉茎を漬物や、チャーハン、メハリズシ、高菜飯、薬味などの食用とします。
一般名:タカナ(高菜)、学名:Brassica juncea var. integrifolia、別名:Takana、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科アブラナ属カラシナ種タカナ変種、原産地:中央アジア、生活型:耐寒性越年草の野菜、草丈:30〜60cm、開花期:4月~5月、花序形:総状花序、花径:1.2~2 cm、花色:鮮黄色、花形:4弁花、果実形:長角果、用途:葉茎が漬物に、料理方法:漬物、チャーハン、メハリズシ、高菜飯、薬味。
詳細情報
アブラナ
アブラナ
アブラナ
カラシナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
4月 5月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
1  ~ 2