かぎけん花図鑑

ヒノナ

基本情報
花名
ヒノナ
英名
Brassica campestris "Akana"
学名
Brassica campestris "akana"
別名
緋の菜, 日野菜, Hinona, あか菜
原産地
日野町(滋賀県、日本)
生活型
越年草、野菜
コメント
ヒノナ(日野菜、学名:Brassica campestris var. akana)は、日本原産で、アブラナ科アブラナ属の越年草「カブ(蕪)」の変種です。滋賀県日野町の伝統野菜とされます。根は地上から出ている部分は紅色で、土に埋まっている部分は白い。茎は紅色で、葉は大きく緑色です。葉縁に鋸歯があります。細長い根を漬物の材料とします。栽培はほぼ一年中出来ます。色が美しく、味は独特の辛味があります。細長い野菜なので漬物にするときは、根を幾つかに折られて葉で結ばれます。
一般名:ヒノナ(日野菜)、学名:Brassica campestris var. akana、別名:緋の菜、あか菜、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属ラパ種カブ変種、原産地:日野町(滋賀県)、茎色:濃紅紫色、葉形:楕円形、葉色:緑、葉縁:鋸歯、根の長さ:25~40cm、根の直径:2.5cm、根色:赤紫色(上部、地上部)、白(下部、地中部)、食用部:根と茎葉 、栽培期:一年中、味:独特の辛味、備考:カブの一種、用途:塩漬や、浅漬け、糠漬など漬物の材料。
詳細情報
アブラナ
アブラナ
アブラナ
ラパ種カブ変種
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
高さ
 ~  [cm]
花径
 ~