サカキ

  • サカキ_img_0
    サカキ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
サカキ
英名
Japanese cleyera
学名
Cleyera japonica
別名
榊, マサカキ, 真榊, ホンサカキ, 本榊, Japanese cleyera, Sakaki
原産地
中国・台湾・ミャンマー・ネパール・インド・日本
生活型
常緑高木

コメント

サカキとは

サカキ(榊、学名:Cleyera japonica)は、中国・台湾・ミャンマー・ネパール・インド・日本原産で、モッコク科サカキ属の常緑高木です。日本の神道では葉付きの枝が古くから神棚に奉られ神聖な木とされます。初夏、葉腋に小さな五弁花を下向きに1~4個咲かせます。花は最初白色で時間が経つと薄黄色に変色します。果実は晩秋~冬に黒熟します。葉が常に緑色をしており栄えているので、サカエキ(栄樹)から和名が付いたとされます。葉は、全縁で、葉色は緑、枝に2列に互生してつき、水平に広がります。用途は、材が建材や器具、加工品に使われ、枝葉が家の神棚や神殿などの祭壇に祭られます。榊が無い地方では、ヒサカキ(姫榊、非榊)
を代用として祭ります。

一般名:サカキ(榊)、学名:Cleyera japonica、別名:Sakaki、マサカキ(真榊)、ホンサカキ(本榊)、Japanese cleyera、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目モッコク科サカキ属、原産地:中国・台湾・ミャンマー・ネパール・インド・日本、生息分布:日本の、関東南部から九州、中国南部、環境:樹下・神社の植栽、樹高:10-12m、樹皮色:薄灰褐色、葉形:卵状楕円形~長楕円形、葉色:緑、葉長:6〜10cm、葉縁:全縁、葉序:2列互生、両性花、花径:1.5cm、開花期:6月~7月、、開花期:6月-7月、花色:白→薄黄、花柄長:1.5-2cm、雄蕊数:25~30、雌蕊数:1、花柱:先端2~3裂、果実径:1cm、結実期:11月~12月、果実形:球径、果実色:黒、用途:建材や器具、加工品(木材)、神事の玉串(枝葉)

詳細情報

ツツジ
モッコク
サカキ
サカキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
墓地・寺院低山
クリーム, 白
開花時期
6月7月
高さ
1000 ~ 1200 [cm]
花径
1.5 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
サンタンカ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

レリア・スペルビエンシス_img
ナデシコ_img
オーニソガラム・アラビカム_img
ニューサイラン・プルプレウム_img
レブンシオガマ_img
ツバキ オケサバヤシ_img
パフィオペディルム・サクハクリ_img
ツバキ タマダレ_img
タカネシュロソウ_img
アカエナ・ミクロフィラ_img
ペチュニア 'ブルーウェーブ'_img
フユウガキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved