ハンカチノキ

  • ハンカチノキ_img_0
    ハンカチノキ @ 赤城自然公園
  • ハンカチノキ_img_1
    ハンカチノキ @ 赤城自然公園
  • ハンカチノキ_img_2
    ハンカチノキ @ 日光植物園
  • ハンカチノキ_img_3
    ハンカチノキ @ 日光植物園
  • ハンカチノキ_img_4
    ハンカチノキ @ 神代植物公園

基本情報

花名
ハンカチノキ
英名
Davidia involucrata
学名
Davidia involucrata
別名
ダビディア, Davidia, ハンカチの樹, Dove tree, Pocket handkerchief tree, handkerchief tree
原産地
中国
生活型
落葉高木

コメント

ハンカチノキとは

ハンカチノキ(ハンカチの樹、学名:Davidia involucrata)は、中国原産で、ミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木です。これだけで一属一種を形成します。花の周りに2枚ついた大きな白い苞葉が、ハンカチのように見えることが花名の由来です。目立つ白い苞葉が、中心部にある小さな目立たない花の塊に昆虫を呼ぶ仕掛けになっています。白い苞葉は最初は淡緑色ですが、開花に合わせて白くなり、花が咲き終り受粉が終了すると共に落下します。花には2種類ありますが、どちらにも花弁(花被片)がなく、蕊だけがあります。2種類の内、1種は多数の雄蕊だけの雄花、もう1種は雌蕊1本と雄蕊10本から成る両性花です。別科別属の花にコンロンカ(崑崙花)があり、白い萼片がハンカチノキに似ているので、別名で「ハンカチの花」と呼ばれます。

一般名:ハンカチノキ(ハンカチの樹)、 学名:Davidia involucrata、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網ミズキ目ミズキ科ハンカチノキ属(ダビディア属)、別名:ダビディア(Davidia)、ユウレイノキ(幽霊の木)、Dove tree(鳩の木)、Pocket handkerchief tree、原産地:中国大陸、環境:標高2000mの山地の日当たりの良い林中、樹高:10~25 m、樹皮色:褐色、葉形:広卵形、葉縁:鋸歯有、葉序:互生、葉長:10~15cm、白い苞葉長:15 cm、離弁花、雌雄同株、花序形:頭状花序、花弁:無し、雌蕊色:黄緑色、雄蕊葯色:白・紫、花序径:2 cm、開花期:5月中旬~6月初旬、果実型:核果、果実形:長卵形、果実長:3~4 cm、用途:庭木、街路樹。

詳細情報

ミズキ
ミズキ
ハンカチノキ
ハンカチノキ
花のタイプ
花の配列
頭状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
茶, 白
開花時期
5月6月
高さ
1000 ~ 2500 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
カサブランカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

フルクラエア・フォエチダ  "メディオピクタ"_img
コブクザクラ_img
タンナゲンカイツツジ_img
グロキシニア_img
ウラシマソウ_img
チューリップ ミセス・JT・シーパース_img
エキノドルス・パリフォリウス_img
ベニバナトキワマンサク_img
セアノサス_img
アオノリュウゼツラン_img
チランジア・リンデニー_img
ペコロス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved