かぎけん花図鑑

ホウオウボク

基本情報
花名
ホウオウボク
英名
Royal Poinciana
学名
Delonix regia
別名
Royal Poinciana, Flam Tree, Flamboyant, 鳳凰木, ロイヤル・ポインシアナ
原産地
マダガスカル
生活型
熱帯性落葉高木
コメント
ホウオウボク(鳳凰木、学名:Delonix regia、学名:Delonix regia)はマダガスカル原産で、マメ科ホウオウボク属の熱帯性落葉高木です。 初夏から秋、総状花序を伸ばし鮮朱赤色で蝶形の花を咲かせ続ます。樹は、笠形で形が整っており、大きな複葉が多数出ます。樹下は夏でも涼しく、熱帯地方では格好の憩の場とされます。緑色の葉はシダに似ており見た目も涼しげで、真っ赤で大きな花との対比が美しいです。 花は大きく開花し、雄しべと雌しべを突出させ、最盛期には樹冠が鮮緋色で一斉に染まります。 花後には枝からぶら下るように大きな剣状の莢(サヤ、豆果)が成ります。莢は時間の経過と共に黒く変色し、奇妙に捩れて少し不気味です。熱帯地域では街路樹として植えられ、種子は食用や、レイ、ネックレスの素材とされ、花は黄色の染料,樹液はアラビアゴムの代用,木材は建築用となる有用な樹木です。鳳凰木という花名は花の咲いている様子が、古代中国の伝説の霊鳥「ホウオウ(鳳凰)」が飛翔する姿に例えたことに拠ります。そこから、鳳凰木の花言葉は「永遠」。似た花に、オオゴチョウ(黄紅蝶)があり、別名でヒメホウオウボク(姫鳳凰僕木)と呼ばれます。カエンボクと、ジャカランダ(Jacaranda、学名:Jacaranda mimosifolia)、 ホウオウボク(鳳凰木、学名:Delonix regia)は世界3大花木(熱帯樹)とされます。
一般名:ホウオウボク(鳳凰木)、学名:Delonix regia、別名:ロイヤル・ポインシアナ(Royal Poinciana)、Flamboyant(フランボヤン)、Flam Tree(フレイムツリー)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ホウオウボク属ホウオウボク種、原産地:マダガスカル、分布:日本の沖縄県、台湾、ハワイ等の熱帯・亜熱帯地方、樹高:10〜15m、葉色:濃緑、花径:10cm、花色:鮮朱色・紅、開花期:5月〜10月、莢幅:5cm、莢長:40〜50cm。
詳細情報
マメ
マメ
ホウオウボク
ホウオウボク
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
1000  ~ 1500  [cm]
花径
10  ~ 10