かぎけん花図鑑

ボケ

基本情報
花名
ボケ
英名
flowering quince
学名
Chaenomeles speciosa
別名
カンボケ, 木瓜, Chinese quince, flowering quince
原産地
中国、日本(園芸品種)
生活型
落葉低木
コメント
ボケ(木瓜、学名:Chaenomeles)は、中国や日本原産で、バラ科ボケ属の落葉低木です。ボケ属には、中国のマボケ(毛叶木瓜、Chaenomeles cathayensis)と、日本原産のクサボケ(草木瓜、Chaenomeles japonica)、中国原産で幾多の品種改良がなされたボケ(皱皮木瓜、Chaenomeles speciosa)の3種があります。日本でボケと言えばクサボッケ(Chaenomeles speciosa)を指します。ボケは平安時代に渡来して以来、四季咲き、寒咲き、早咲き、中咲き、晩咲きの品種が育成され、品種によっては開花を長期間楽しめます。花弁がふんわりとして色彩も上品な花を咲かせます。冬に咲く寒ボケや、早咲き品種にはトウヨウニシキ(東洋錦)とその枝替わり品種のタカネニシキ(高嶺錦)、晩咲き品種にはセカイイチ(世界一)があります。枝には鋭い棘があるものとないものがあります。葉形は長楕円形で、葉縁に鋸歯があります。盆栽や庭木に使われ、多数の園芸品種が作られています。花後に実がなり黄熟したものは生食せず果実酒や鎮痛剤の材料に用います。
【花言葉】「一目ぼれ」
一般名:ボケ(木瓜)、学名:Chaenomeles speciosa、別名:カンボケ, チョウシュンボケ, ヒボケ, モケ, ヨドボケ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラバラ科ボケ属、別名:flowering quince、Chinese quince、原産地:中国、樹高:100〜300cm、葉形:長楕円形、葉縁:鋸歯有、葉身長:5~10cm、花径:2〜5cm、花色:橙・赤・白・桃色、開花期:11月~翌年4月、果実径:5〜7cm、果実長:10cm、用途:庭木、生垣、盆栽、果実は薬用&果実酒。
詳細情報
バラ
バラ
ボケ
ボケ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
赤, 橙, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 11月 12月
高さ
100  ~ 300  [cm]
花径
2  ~ 5