ミツマタ

  • ミツマタ_img_0
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_1
    ミツマタ @ 赤塚植物園
  • ミツマタ_img_2
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_3
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_4
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_5
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_6
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_7
    ミツマタ @ 清水谷公園
  • ミツマタ_img_8
    ミツマタ @ 清水谷公園

基本情報

花名
ミツマタ
英名
Oriental paperbush
学名
Edgeworthia chrysantha
別名
三椏, 赤花三椏
原産地
中国
生活型
落葉低木

コメント

ミツマタとは

ミツマタ(三椏、学名:Edgeworthia chrysantha )は、中国原産地でジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木です。春に、葉が出る前に、小さな花が30個程集合した球形の頭状花序をつけます。花弁は無く額が目立ちます。萼筒は内側が黄色で先端が4裂します。萼筒外側は白毛で覆われています。日本には慶長年間に渡来しました。和紙の原料として知られます。花名は、枝が3本づつに分枝している姿が、3つ又に分かれているように見えたことに拠ります。

一般名:ミツマタ(三椏)、学名:Edgeworthia chrysantha、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目ジンチョウゲ科ミツマタ属、原産地:中国、樹高:100〜200 cm、葉序:互生、葉身長:5-18 cm、葉幅:2-5 cm、葉形:長楕円形~広卵形、葉縁:全縁、花序:頭状花序、小花径:0.8cm、花序径:5cm、花色:赤・黄、雄蕊数:8、開花期:2月〜4月、果実型:蒴果、果実色:緑、果実長:1cm。

詳細情報

アオイ
ジンチョウゲ
ミツマタ
ミツマタ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園公園
開花時期
2月3月4月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

シュロチク_img
パンジー 'ビーズ・ミックス'_img
シラサギカヤツリ_img
ミヤマキンバイ_img
ツバキ タマピーコック_img
キブサスイセン_img
球根ベゴニア  'イエローローズフォーム'_img
アクシバ_img
イブキシンパク_img
セルリアカルメン_img
ナガハアデク_img
マムシグサ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved