ムラサキシキブ

  • ムラサキシキブ_img_0
    ムラサキシキブ @ 市川市動植物園
  • ムラサキシキブ_img_1
    ムラサキシキブ @ 市川市動植物園
  • ムラサキシキブ_img_2
    ムラサキシキブ @ 市川市動植物園
  • ムラサキシキブ_img_3
    ムラサキシキブ @ 東京都立大島公園
  • ムラサキシキブ_img_4
    ムラサキシキブ @ 奈良
  • ムラサキシキブ_img_5
    ムラサキシキブ @ 熊本動植物園
  • ムラサキシキブ_img_6
    ムラサキシキブ @ 市川市動植物園
  • ムラサキシキブ_img_7
    ムラサキシキブ @ 市川市動植物園

基本情報

花名
ムラサキシキブ
英名
Japanese beautyberry
学名
Callicarpa japonica
別名
Japanese beautyberry, 紫式部
原産地
日本、朝鮮半島、中国
生活型
落葉低木

コメント

ムラサキシキブとは

ムラサキシキブ(紫式部、学名:Callicarpa japonica)は、日本、朝鮮半島、台湾原産で、クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木です。日本では北海道~九州、沖縄で開花します。夏、集散花序に淡紫色の小花を付けます。花弁は先端で4裂し、平開します。同科同属のコムラサキ(小紫学名:Callicarpa dichotoma)と似ています。コムラサキとムラサキシキブの違いは以下の通りです。

●コムラサキとムラサキシキブの違い
 ◆樹高:ムラサキシキブ(C. japonica)の方が高い(3~4m)、コムラサキ(C. dichotoma)の方が低い(2~3m)です。
 ◆枝垂れ:ムラサキシキブ(C. japonica)は枝垂れませんが、コムラサキ(C. dichotoma)は枝垂れます。
 ◆果実の付き方:ムラサキシキブ(C. japonica)は比較的疎らに付きますが、コムラサキ(C. dichotoma)は果実が固まって付きます。
 ◆葉柄と花柄の付く位置:ムラサキシキブ(C. japonica)はすぐ上から出る(近接している)していまが、コムラサキ(C. dichotoma)は少し離れて出ます。
 ◆葉の鋸歯:ムラサキシキブ(C. japonica)は全葉にありますが、コムラサキ(C. dichotoma)には上半分にしかありません。
 ◆生息分布:ムラサキシキブ(C. japonica)は山野の林に自生し、コムラサキ(C. dichotoma)は家庭の庭先に植栽されています。

一般名:ムラサキシキブ(紫式部)、学名:Callicarpa japonica、別名:Japanese beautyberry、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目クマツヅラ科ムラサキシキブ属、分布:日本、朝鮮半島、中国、樹高:3-4m、樹皮色:灰褐色、枝:灰褐色、葉序:対生、葉形:狭倒卵形~長楕円形、葉縁:鋸歯有り、葉色:黄緑、葉質:薄く艶無し、花径:0.3-0.5cm、花色:薄紫、花序形:集散花序、花の出る場所:葉腋、雄蕊数:4、雌蕊数:1、開花期:6月~8月、果実型:核果、果実径:0.3、果実形:球、結実期:9月〜12月、果実色:紫・白

詳細情報

シソ
クマツヅラ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
開花時期
6月7月8月
高さ
300 ~ 400 [cm]
花径
0.3 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

ツバキ シラギク_img
キバナハナニラ_img
キツリフネ_img
ヒノナ_img
カラミンサ・グランディフローラ_img
イモカタバミ_img
ツバキ シュチュウカ_img
メガクリニウム マキシマム_img
クロビイタヤ_img
アゲラタム_img
ヤマモモ_img
フレンチマリーゴールド_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved