かぎけん花図鑑

モッコク

基本情報
花名
モッコク
英名
Ternstroemia gymnanthera
学名
Ternstroemia gymnanthera
別名
アカミノキ, 木斛, 赤実の木
原産地
日本
生活型
常緑中高木
コメント
モッコク(木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、日本、韓国、台湾、中国、東南アジア、インドの海岸近くの林に自生するモッコク属の常緑中高木です。樹皮は灰褐色です。葉には光沢が有り、厚く細長い。夏に蘭の香りに似た芳香のする淡黄色の小さな5弁花を下向きに咲かせます。秋に球形の果実が成り、赤熟します。
一般名:モッコク(木斛)、学名:Ternstroemia gymnanthera、別名:アカミの木、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目モッコク科モッコク属モッコク種、原産地:日本、中国、東南アジア、生活型:常緑中高木、樹高:6〜15m、樹皮色:灰褐色、葉形:長楕円形、葉序:互生、花色:薄黄、花径:2cm。開花期:7月、果実色:赤、用途:庭木、木材、染料、漢方薬。
詳細情報
ツツジ
モッコク
モッコク
モッコク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 公園
クリーム, 白
開花時期
7月
高さ
600  ~ 1500  [cm]
花径
2  ~ 2