リンゴ

  • リンゴ_img_0

    リンゴ @ 浜名湖花博2004

  • リンゴ_img_1

    リンゴ @ 自宅

  • リンゴ_img_2

    リンゴ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
リンゴ
英名
Apple tree
学名
Malus pumila
別名
Apple, 林檎, アップル, apple tree
原産地
中央アジアの山岳地帯
生活型
非耐暑性・耐寒性落葉高木及び果樹

コメント

リンゴ(林檎、学名:Malus pumila)は、中央アジアの山岳地帯原産で、バラ科リンゴ属の非耐暑性・耐寒性落葉高木と果実のことです。晩春に小さな白い5弁花を咲かせます。秋に紅葉し、 初冬に食用となる有益な果実を成らせます。ビタミンCや植物繊維が豊富で、昔から、英国では一日一個のリンゴを食べると病気にならず 医者が要らないとい諺があります。 身近な果物で日本全国にはとどまらず世界各国で食べられます。 リンゴはエチレンガスを発生するため、冷蔵庫に他の果物と一緒に入れるとその果実の熟成が進みます。林檎に関しては身近な話が沢山あります。
日本の学校では、英語の初めての授業で"apple"という単語を習います。ニュートンが万有引力の法則を発見したリンゴの苗が、 東京大学理学部附属小石川植物園に寄贈され、敷地内に現存しています。 スイスのウイリアムテルは息子の頭上に乗った林檎を矢で射るよう命じられました。
代表品種には、国光とデリシャスを掛け合わせて作出した フジ(ふじ、Fuji)や、 ゴールデンデリシャスと印度を掛け合わせたオウリン(王林)、 アップルパイの材料とされるコウギョク(紅玉、kougyku)、 東光とふじを掛け合わせて作出したセンシュウ(千秋、Sensyu)、 ふじとヒメリンゴを掛け合わせて作出した最小級りんごアルプスオトメ(アルプス乙女)、 デリシャスとゴールデンデリシャスを掛け合わせた最大級りんごセカイイチ(世界一、sekai-ichi)、 海外でのリンゴではニュートンのりんごと呼ばれるフラワーオーブケントなどがあります。
5月11日の誕生花とされ、花言葉は、花と果実で異なります。花の花言葉は、「優先、選択」。これは、有益な果実が成ることを見通していることに拠ります。果実の花言葉は、有名な「禁断の果実」ということで「誘惑」。

一般名:リンゴ(林檎) 、学名:Malus pumila 、別名:Apple(アップル) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科リンゴ属 、原産地:中央アジアの山岳地帯 、樹高3-5m(栽培適)~15m(自然):、花序形:集散花序、花色:白、花弁数:5枚、果実形:楕円形、果実色:赤・黄・緑、果実径:3cm(ヒメリンゴ、アルプス乙女)~20cm(世界一)、重量:30g(ヒメリンゴ、アルプス乙女)~1000g、収穫期:夏(品種により)~冬、果実出回り期:夏~春(冷蔵したもの) 。

詳細情報

バラ
バラ
リンゴ
リンゴ
花言葉
優先、選択、誘惑 / Priority, choice, temptation ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
果樹園
ピンク, 白
開花時期
4月5月
高さ
300 ~ 1500 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
ホワイトパウダーパフ_img
クラスペディア_img
キングプロテア_img

ランダムな花

カラミザクラ_img
コケジャコウソウ_img
キクバヤマボクチ_img
キバナノヤマオダマキ_img
ヤマアジサイ_img
筑波実験植物園_img
キャットミント_img
キシフィディウム・コエルレウム_img
キソウテンガイ_img
ノラニンジン_img
ミヤマキリシマ_img
マツリカ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved