キバナノヤマオダマキ

  • キバナノヤマオダマキ_img_0

    キバナノヤマオダマキ @ 不明

基本情報

花名
キバナノヤマオダマキ
英名
Aquilegia flavescens
学名
Aquilegia buergeriana var. buergeriana f. flavescens
別名
黄花の山苧環, オダマキ
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環、学名:Aquilegia buergeriana var. buergeriana f. flavescens)は、日本原産で、キンポウゲ科オダマキ属の多年草「ヤマオダマキ(山苧環、学名:Aquilegia buergeriana)」の一変種です。ヤマオダマキの距と萼片は紫褐色をしていますが、本種はクリーム色です。

一般名:キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環)、学名:Aquilegia buergeriana var. buergeriana f. flavescens 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科オダマキ属、原産地:日本、分布:北海道〜九州北部、環境:日当たりの良い高原の草地、茎長:60〜80 cm、生活型:多年草、葉形:2回3出複葉、小葉形:扇状で3裂、小葉葉身長:3 cm、花冠形:距あり、花色:薄黄、開花期:7月〜8月、花径:3〜4 cm。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
オダマキ
キバナノヤマオダマキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
鑑賞場所
低山
クリーム
開花時期
7月8月
高さ
60 ~ 80 [cm]
花径
3 ~ 4

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved