ハルジオン

  • ハルジオン_img_0
    ハルジオン @ 葛西臨海公園

基本情報

花名
ハルジオン
英名
Erigeron philadelphicus
学名
Erigeron philadelphicus
別名
ビンボウグサ, 春紫苑, 貧乏草, Philadelphia fleabane
原産地
北米
生活型
越年草

コメント

ハルジオンとは

ハルジオン(春紫苑、学名:Erigeron philadelphicus)はキク科ムカシヨモギ属の一・二年草の野草です。春から夏に、九州以北の荒地や道端に自生します。同属には、ヒメジョオン(姫女苑、学名:Erigeron annuus)があり似ています。両者の違いは以下の通りです。春紫苑(E. philadelphicus)は春に開花し、蕾は下向きで、葉は茎を抱き、茎は中空で、葉裏に毛がありません。一方、姫女苑(E. annuus)は初夏に開花し、蕾は上向きで、葉は茎を抱かず、茎中に白い髄が詰まっていて空洞が無く、葉裏に毛が生えています。また、春紫苑(E. philadelphicus)は姫女苑(E. annuus)より草丈が低く、花径が大きく、白い舌状花が多く、花数は少ないです。

一般名:ハルジオン(春紫苑) 、学名:Erigeron philadelphicus 、別名:ビンボウグサ(貧乏草)、Philadelphia fleabane、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ムカシヨモギ属ハルジオン種、原産地:北米、生息分布:九州以北の日本、環境:荒地や道端、生活型:多年草の野草、草丈:30〜100 cm、花色:白・薄紫、花径:2.5 cm、開花期:4月〜7月、特徴:茎葉は基部が茎を抱く。

詳細情報

キク
キク
ムカシヨモギ
ハルジオン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
紫, 白
開花時期
4月5月6月7月
高さ
30 ~ 100 [cm]
花径
2.5 ~

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

フイリヤバネヒイラギモチ_img
ネメシア KLM_img
ヘレボルス・ニゲル_img
パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'_img
ヤマツツジ_img
コキンバイザサ_img
ホテイアオイ_img
ムラサキニガナ_img
マツタケ_img
コシジオウレン_img
アイラトビカズラ_img
カラタネオガタマ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved