ジプソフィラ・レペンス

高山植物

  • ジプソフィラ・レペンス_img_0
    ジプソフィラ・レペンス @ 京都府立植物園
  • ジプソフィラ・レペンス_img_1
    ジプソフィラ・レペンス @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ジプソフィラ・レペンス
英名
Creaping Gypsophila
学名
Gypsophila repens
別名
Gypsophila repens, カスミソウ, Creaping Gypsophila, カーペットカスミソウ
原産地
ヨーロッパアルプス
生活型
高山性矮性多年草

コメント

ジプソフィラ・レペンスとは

ジプソフィラ・レペンス(学名:Gypsophila repens)は、ヨーロッパアルプス原産で、ナデシコ科カスミソウ属の高山植物です。「カスミソウ」の矮性品種で、枝が細分して小さな白花を大量に咲かせマット状に広がります。学名のジプソフィラ(Gypsophila)はラテン語で「ジプソス」(石灰)と、「フィロス」(愛す)の2語を合成した造語で、石灰質を好むという意味です。種小名の'repens'は同じくラテン語で「匍匐性の」という意味です。

一般名:ジプソフィラ・レペンス(Gypsophila repens)、学名:Gypsophila repens、別名:カーペットカスミソウ、Creaping Gypsophila(クリーピング・ジプソフィラ)、イワガスミ、ヒメギンナデシコ、原産地:ヨーロッパアルプス、生息分布:高山、環境:岩場、草丈:10~15cm、葉形:狭披針形、葉序:互生、花形:漏斗形で先端が5深裂、花色:白、花径:1cm、開花期:6月~7月。

詳細情報

ナデシコ
ナデシコ
カスミソウ
ジプソフィラ・レペンス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域海外
開花時期
6月7月
高さ
10 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

イクソラ・コッキネア_img
サンタンカ_img
キク_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

比翼檜葉_img
エリカ・カナリクラータ_img
ハクチョウゲ_img
ジャガイモ_img
オオデマリ_img
アーティチョーク_img
ヤブデマリ		_img
日本桜草 ’源氏車’_img
シャムソケイ_img
カラミンサ・グランディフローラ_img
アンスリウム_img
ハクサンフウロ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved