ゴシュユ

  • ゴシュユ_img_0
    ゴシュユ @ 牧野植物園
  • ゴシュユ_img_1
    ゴシュユ @ 東京都薬用植物園

基本情報

花名
ゴシュユ
英名
Tetradium ruticarpum
学名
Tetradium ruticarpum
別名
Euodia Fruit , 呉茱萸
原産地
中国
生活型
落葉低木

コメント

ゴシュユとは

ゴシュユ(呉茱萸、学名:Tetradium ruticarpum)は、中国原産でミカン科ゴシュユ属の落葉低木です。夏、円錐花序を伸ばし緑色を帯びた白花を沢山咲かせます。未熟な果実が漢方薬となります。用途は、健胃、鎮痛、利尿、嘔吐、冷え性、頭痛などです。

一般名:ゴシュユ(呉茱萸)、
学名:Tetradium ruticarpum、
原名:Euodia ruticarpa、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ミカン科ゴシュユ属ゴシュユ種、
別名:Euodia Fruit、原産地:中国、生活型:落葉低木、樹高:3~5m、葉形:5~9小葉から成る奇数羽状複葉、葉序:対生、葉縁:全縁、小葉:楕円形、葉柄:細い毛が密集、雌雄異株、日本には雌株しか渡来しなかった、円錐花序、開花期:8月、花色:緑色を帯びた白色、花径:0.2~0.5cm、花:5数性、果実型:蒴果、果実形:扁平な球形で先端に花柱が残る、果実色:赤褐色、種子色:艶のある黒褐色、種子数:5、種子形:球形、用途:乾燥させた未熟な果実を漢方薬にする。

詳細情報

ムクロジ
ミカン
ゴシュユ
ゴシュユ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
8月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
0.2 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
フシグロセンノウ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

ナツトウダイ_img
ツンベルギア・グランディフローラ_img
タカネアオヤギソウ_img
トレビス_img
エゾイソツツジ_img
ワケギ_img
キンメイモウソウ_img
エゾツツジ_img
変化朝顔 曜白大輪 '富士の空'_img
アメリカイワナンテン_img
クコ_img
ウスベニコザクラ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved