かぎけん花図鑑

ヒメエニシダ

基本情報
花名
ヒメエニシダ
英名
Cytisus racemosus
学名
Cytisus racemosus
別名
姫金雀枝, broom, 矮性黄花エニシダ, Cytisus
原産地
カナリー諸島
生活型
落葉低木
コメント
ヒメエニシダ(姫金雀枝、学名:Cytisus racemosus)は落葉低木です。エニシダ(金雀枝、学名:Cytisus scoparius)と似ていますが、エニシダより寒さに弱く、樹高が低いので鉢植えにされます。穂状花序に小振りで芳香のある黄金色の小さな蝶形の花を上向きに咲かせます。カナリー諸島原産なので日本の高温多湿の気候に適合せず栽培は困難です。エニシダ属には、黄花を咲かせるエニシダ(金雀枝)や、白花を咲かせるシロバナエニシダ(白花金雀枝)、黄色に赤色い暈しが入るホオベニエニシダ、ピンク色品種があります。
一般名:ヒメエニシダ(姫金雀枝) 、学名:Cytisus racemosus(C. x spachianus)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科エニシダ属 、別名:broom(ブルーム) 、矮性黄花エニシダ、原産地:カナリー諸島、生活型:乾燥した場所(高温多湿を嫌う)、生活型:落葉低木、樹高:30~100cm、花序:穂状 花序長:5~10cm、花色:黄、花径:1~2cm、開花期:4月~5月、果実タイプ:莢状、果実色:緑→黒、用途:鉢植え。
詳細情報
マメ
マメ
エニシダ
ヒメエニシダ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 鉢花
開花時期
4月 5月
高さ
30  ~ 100  [cm]
花径
1  ~ 2