かぎけん花図鑑

ケコンロンカ

基本情報
花名
ケコンロンカ
英名
Mussaenda pubescens
学名
Mussaenda pubescens
別名
Mussaenda pubescens
原産地
中国南部
生活型
常緑半蔓性低木
コメント
ケコンロンカ(毛崑崙花、学名:Mussaenda pubescens)は中国原産で、アカネ科コンロンカ属の常緑半蔓性低木です。
散房状に先端が5裂した小さな黄色い筒状花を咲かせます。花より白い萼苞の方が目立ちます。
小枝や葉、根は薬の原料とされます。種小名のpubescensは微細毛があるという意味です。
コンロンカ(崑崙花、学名:Mussaenda parviflora)と似ていますが、本種は茎葉に微細毛があることで区別されます。
一般名:ケコンロンカ(毛崑崙花)、学名:Mussaenda pubescens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科ケコンロンカ属、原産地:中国南部、生息分布:亜熱帯~熱帯地方 、樹高:30~50 cm、花色:黄色、花形:筒状で先端部は5裂、花冠径:1.5cm、萼苞色:白、萼苞長:3cm、葉色:緑、開花期:5月~9月、用途:鉢植え・庭。
詳細情報
リンドウ
アカネ
ケコンロンカ
ケコンロンカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
観葉植物
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
1  ~ 1.5