かぎけん花図鑑

タイガーオーキッド

基本情報
花名
タイガーオーキッド
英名
Tiger Orchid
学名
Grammatophyllum speciosum
別名
Tiger Orchid, Gram. scriptum 'Tiger', グラマトフィラム・スペキオスム、, Grammatophyllum, ジャイアント・オーキッド, クイーンズ・オーキッド
原産地
マレー半島,ビルマ,フィリピン,インドネシア,ソロモン諸島などの熱帯アジア
生活型
常緑多年草
コメント
タイガーオーキッド(Tiger Orchid、学名:Grammatophyllum speciosum)は、マレー半島,ビルマ,フィリピン,インドネシア,ソロモン諸島などの熱帯アジア 原産で、ラン科グラマトフィラム属の常緑多年草です。熱帯雨林で、大木の幹や岩に付着します。世界最大のオーキッドと言われる巨大ランです。この世界一とは、花径ではなく、株高が最大であることに拠ります。茎長は3〜7 m(自生地)で、株の重さは1〜2トンもあります。バルブの頂部近くから出た花序は下垂して10 cm程の花径の花を数100から千個も咲かせます。花冠はラン形で、花弁色は黄色地に暗茶色班が入ります。
属名”Grammatophyllum”は「gramma(文字)+phyllon(葉)」、種小名”speciosum”は「”speciosus”(美しい」です。花言葉は「誰にも負けない友情」。
シンビジウムの近縁であり、花が似ています。
一般名:タイガーオーキッド(Tiger Orchid) 、学名:Grammatophyllum speciosum(グラマトフィラム・スペシオサム) 、別名:グラマトフィルム・スペキオスム(Grammatophyllum speciosum)、Gram. scriptum 'Tiger'、ジャイアント・オーキッド、クイーンズ・オーキッド、グラマトフィルム・スペキオスム(Grammatophyllum speciosum)、グラマトフィルム、グラマトフィラム ・スペシオサム、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科グラマトフィラム属、原産地:マレー半島,ビルマ,フィリピン,インドネシア,ソロモン諸島などの熱帯アジア、生活環境:熱帯雨林の樹上、 株高:2.5~7.5 m、重さ:1〜2トン、茎径:2~4 cm、茎形:円柱形で太い、葉形:長楕円形、葉色:緑、花径:8~10 cm、花色:茶色地に黄褐色の斑 ・黄色地に赤褐色の斑、開花期:9月~11月(不定期、年に1回)。
詳細情報
キジカクシ
ラン
グラマトフィラム
タイガーオーキッド
花のタイプ
左右相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
茶, 黄
開花時期
9月 10月 11月
高さ
250  ~ 750  [cm]
花径
8  ~ 10