かぎけん花図鑑

クリヌム・ヤグス

基本情報
花名
クリヌム・ヤグス
英名
Crinm jagus
学名
Crinum jagus dandy
別名
原産地
ギニア
生活型
多年草
コメント
クリヌム・ヤグス(学名:Crinum jagus)はギニア原産で、ヒガンバナ科ハマオモト属の常緑多年草(球根植物)です。夏に剣状の葉の間から長い花茎を出し、その先端に散形花序を伸ばしハマユウに似た白い大輪の花を咲かせます。
一般名:クリヌム・ヤグス、学名:Crinum jagus、別名:St. Christopher lily、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ハマオモト属クリヌム・ヤグス種、生息分布:ギニア、草丈:60~90 cm、葉長:70 cm、葉幅:10 cm、葉形:剣形、花序形:散形花序、花径:6 cm、開花色:白 、花期:6月~8月、備考:有毒植物。
詳細情報
キジカクシ
ヒガンバナ
ハマオモト
クリヌム・ヤグス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
波状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域 温室
開花時期
6月 7月 8月
高さ
60  ~ 90  [cm]
花径
6  ~ 6