マカデミア

  • マカデミア_img_0
    マカデミア @ 青島亜熱帯植物園
  • マカデミア_img_1
    マカデミア @ 青島亜熱帯植物園
  • マカデミア_img_2
    マカデミア @ 青島亜熱帯植物園
  • マカデミア_img_3
    マカデミア @ 青島亜熱帯植物園
  • マカデミア_img_4
    マカデミア @ OKINAWAフルーツらんど
  • マカデミア_img_5
    マカデミア @ OKINAWAフルーツらんど
  • マカデミア_img_6
    マカデミア @ OKINAWAフルーツらんど

基本情報

花名
マカデミア
英名
Macadamia
学名
Macadamia integrifolia
別名
Macadamia, Macadamia integrifolia, マカデミアナッツ, Macadamia nut, クイーンズランド・ナッツ, Queensland Nut, マカデミア・ナッツ
原産地
オーストラリア東部
生活型
常緑小高木

コメント

マカデミアとは

マカデミア(Macadamia、学名:Macadamia integrifolia)はオーストラリア東部原産で、ヤマモガシ科の常緑小高木です。主産地は豪州の他、ハワイがあり 品種改良して硬い殻を薄くしたものが栽培され輸出品No.1になっています。樹高は6~15mにで葉は濃緑色で長楕円形、葉身長は10~25cmです。花は藤のように下垂する総状花序で長さ20cm程です。1つの花序に2.5cm程の小花が200個以上付きます。 代表的な品種は本種の他、マカダミア・テトラフィラ(Macadamia tetraphylla)があります。インテグリフォリアは白~薄黄色の花を咲かせ、テトラフィラは桃色の花を咲かせます。花は上から下に1週間かけて咲きます。 花後に成る果実は硬い殻果で果実は3層構造からなり、外側はハスクと呼ばれる外皮で緑色です。その下にシェルと呼ばれる茶色い硬い殻があり、その中に乳白色で柔らかい食用となる種子があります。果実径は2cmほどで自然に落下したものを収穫し乾燥させて味付けや加工し製品化します。

一般名:マカデミア(Macadamia)、学名:Macadamia integrifolia 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ヤマモガシ目ヤマモガシ科マカデミア属 、別名:マカデミアナッツ(Macadamia nut) 、クイーンズランド・ナッツ(Queensland Nut)、原産地:オーストラリア東部、生産地:ハワイ、オーストラリア、生活型:常緑小高木、樹高:6~15m、葉色:濃緑、葉形:長楕円形、葉長:10~25 cm、花序形:総状花序、花序長:20 cm、花序の方向:下垂、花序に付く小花数:200個以上、小花径:2.5cm、花色:白~薄黄色、花の咲き方:上から下へ、開花期間:1週間、果実型:殻果、種子形:球形、実色:白、味:乳白色で柔らかく脂肪が多い、 実の3層構造(外側から):ハスクと呼ばれる外皮(緑色)→シェル(茶色で硬い)→種子(乳白色で柔らかい)、果実径:2cm、結実実期:9月~翌年2月(ハワイ)、オーストラリア(3月~9月)、果実の収穫:地面に自然落下、 用途:果実を乾燥させ、塩炒りし味付けしたマカデミアナッツとや、マカデミアンチョコレート、ケーキの具などの食用や、アロマテラピーの精油に使用。

詳細情報

ヤマモガシ
ヤマモガシ
マカデミア
マカデミア
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
特定の地域果樹園
クリーム, 白
開花時期
3月4月5月
高さ
600 ~ 1500 [cm]
花径
2.5 ~ 2.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

リシリシノブ_img
ヤナギタンポポ_img
タカネシュロソウ_img
フクジュソウ_img
マルバフジバカマ_img
ウナズキヒメフヨウ_img
スターフルーツ_img
ヒルガオ_img
イワイチョウ_img
ウチワヤシ_img
イリマ_img
ロサ バンクシアエ ノルマリス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved