フジノカンアオイ

  • フジノカンアオイ_img_0
    フジノカンアオイ @ 京都府立植物園
  • フジノカンアオイ_img_1
    フジノカンアオイ @ 京都府立植物園
  • フジノカンアオイ_img_2
    フジノカンアオイ @ 京都府立植物園
  • フジノカンアオイ_img_3
    フジノカンアオイ @ 京都府立植物園
  • フジノカンアオイ_img_4
    フジノカンアオイ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
フジノカンアオイ
英名
Asarum fudsinoi
学名
Asarum fudsinoi
別名
藤野寒葵, Fujino kan-aoi, wild ginger, カンアオイ
原産地
奄美大島
生活型
常緑多年草

コメント

フジノカンアオイとは

フジノカンアオイ(藤野寒葵、学名:Asarum fudsinoi)は、ウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草 「カンアオイ(寒葵、wild ginger、学名:Asarum) 」 の一品種で、奄美大島固有種です。奄美大島の樹木下に自生します。他の寒葵に比べて花(萼片)が大きく、内側が薄緑や薄黄色のものが多いです。長い葉柄の先端に、緑色で光沢のあるハート形の葉を付けます。冬~晩春に、葉茎基部に花(実際には、萼片)を咲かせます。花は筒状で、先端が3裂します。裂片は丸みを帯びています。種小名の「fudsinoi」は植物学者「藤野寄命(ふじのよりなが)」氏への献名です。絶滅危惧種に指定されています。

一般名:フジノカンアオイ(藤野寒葵)、学名:Asarum fudsinoi、シノニム:Heterotropa fudsinoi、分類名:植物界被子植物真正双子葉類コショウ目ウマノスズクサ科カンアオイ属フジノカンアオイ種、原産地:奄美大島、草丈:10~20 cm、葉色:緑、葉形:ハート形、葉質:光沢有、葉長:8~20 cm、葉柄:長い、花色(萼片色):緑・黄緑など、花長さ:5~6 cm、開花期:12月~翌年5月 。

詳細情報

コショウ
ウマノスズクサ
カンアオイ
フジノカンアオイ
花言葉
秘められた恋 / Secret love ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
特定の地域
開花時期
1月2月3月4月5月12月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
5 ~ 6

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
ウナズキヒメフヨウ_img
ピンクッション_img
シュゼンジカンザクラ_img

ランダムな花

カルセオラリア_img
エンダイブ_img
エビネ 渡河の幻_img
額紫陽花 'ポージーブーケ ミミ'_img
ケイビアヤメ_img
メガクリニウム マキシマム_img
パイナップルリリー_img
ライムギ_img
スノードロップ_img
ピナータラベンダー_img
コリウス_img
ニセアカシア_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved