ボタンヅル

  • ボタンヅル_img_0
    ボタンヅル @ 沖縄竹富島

基本情報

花名
ボタンヅル
英名
Clematis apiifoli
学名
Clematis apiifolia
別名
牡丹蔓
原産地
日本、中国、朝鮮半島
生活型
蔓性落葉半低木

コメント

ボタンヅルとは

ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifoli)は キンポウゲ科センニンソウ属の蔓性落葉半低木です。夏に、葉腋から花序を伸ばし白い小さな4弁花(実際は萼片)を咲かせます。センニンソウ(仙人草)と似ていますが、センニンソウの葉には切れ込みがなく、ボタンヅルにはボタン(牡丹)の葉のような切れ込みがあります。また、センニンソウは草で、 ボタンヅルは基部が木質化しており、木に分類されます。雄蕊の長さがボタンヅルの方が長く目立ちます。キンポウゲ科の植物なので毒があります。

一般名:ボタンヅル(牡丹蔓)
学名:Clematis apiifoli、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科センニンソウ属ボタンヅル種、
原産地:日本、中国、朝鮮半島 分布:本州から九州、生息地:山野 、生活型:蔓性落葉半低木、蔓長:2~4m 、葉序:対生、小葉数:5枚、葉形:1回3出複葉、開花期:8月~9月、花序:3出集散花序、花色(実際は萼片色):白、 花径(萼片径):1.5~2cm、花弁(実際には萼変)数:小さな4弁花、雄蕊数・雌蕊数:多数、花(萼片)の咲き方:上向き全開、果実型:痩果、果実形:卵形

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
センニンソウ
ボタンヅル
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
クリーム, 白
開花時期
8月9月
高さ
200 ~ 400 [cm]
花径
1.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img
スイセンノウ_img

ランダムな花

タイワンモミジ_img
トラディスカンティア・ゼブリナ_img
トクサ_img
Corydalis_img
コシノヒガンザクラ_img
ディモルフォルキス・ローウィ_img
エゾカンゾウ_img
日本桜草 ’源氏車’_img
レッドパウダーパフ_img
ジギタリス_img
トルコギキョウ 'リップルソフト バイオレット'_img
ミヤマアキノキリンソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved