シラサギカヤツリ

  • シラサギカヤツリ_img_0
    シラサギカヤツリ @ 伊豆大島
  • シラサギカヤツリ_img_1
    シラサギカヤツリ @ 伊豆大島
  • シラサギカヤツリ_img_2
    シラサギカヤツリ @ 伊豆大島
  • シラサギカヤツリ_img_3
    シラサギカヤツリ @ 軽井沢
  • シラサギカヤツリ_img_4
    シラサギカヤツリ @ 軽井沢
  • シラサギカヤツリ_img_5
    シラサギカヤツリ @ 熱帯ドリームセンター(沖縄)
  • シラサギカヤツリ_img_6
    シラサギカヤツリ @ 熱帯ドリームセンター(沖縄)

基本情報

花名
シラサギカヤツリ
英名
starrush whitetop
学名
Rhynchospora colorata
別名
白鷺蚊張吊, シューティーングスター, スターグラス, starrush whitetop, white star sedge, white-topped sedge
原産地
北米南東部
生活型
多年性水草

コメント

シラサギカヤツリとは

シラサギカヤツリ(白鷺蚊張吊、学名:Rhynchospora)とは、北米南東部原産で、カヤツリグサ科ミカヅキグサ属の常緑多年草です。 細長い花茎の先に ハンゲショウ(半夏生)に似た白い苞を付けます。花茎は分枝しません。緑色の花茎と、花の近辺で白くなる細長い葉が涼しげです。花序は、1花~多数花から成る小穂(apikelet, spicule)を単位とする複穂状花序(compound spike)です。白い苞が花のように見えます。実際の花は中央にある薄黄の小さいものです。花弁を持たず鱗片が重なって小穂を形作っており、地味で目立ちません。

一般名:シラサギカヤツリ(白鷺蚊張吊)、 学名:Rhynchospora colorata 、別名:シラサギスゲ(白鷺菅)、starrush whitetop、white star sedge 、white-topped sedge、シューティーングスター、スターグラス 、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目カヤツリグサ科ミカヅキグサ属 、原産地:北米南東部、環境:水辺、 生活型:常緑多年草 、草丈:30~50cm、花序形:小穂からなる複穂状花序、開花期:7月~10月、苞色:白、花色:薄黄、両性花。

詳細情報

イネ
カヤツリグサ
カヤツリグサ
カミガヤツリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
川・池
クリーム
開花時期
7月8月9月10月
高さ
150 ~ 250 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

桜 '仙台屋'_img
キンミズヒキ_img
リョクトウ_img
イワザクラ_img
タイリンオオアマナ_img
アズマイチゲ_img
ウズラバタンポポ_img
コシジオウレン_img
パフィオペディルム・サクハクリ_img
ヒマラヤユキノシタ_img
ユリオプスデージー_img
ゲレズノウィア・ヴェルコーサ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved