エピスキア・クプレアタ

  • エピスキア・クプレアタ_img_0

    エピスキア・クプレアタ @ 市川市動植物園

  • エピスキア・クプレアタ_img_1

    エピスキア・クプレアタ @ 市川市動植物園

基本情報

花名
エピスキア・クプレアタ
英名
Episcia cupreata
学名
Episcia cupreata
別名
ハイベニギリ, Flame violet, 這紅桐, エピスシア
原産地
コロンビアやメキシコなどの熱帯アメリカ
生活型
非耐寒性常緑多年草

コメント

エピスキア・クプレアタ(学名:Episcia cupreata)は、コロンビアなどの熱帯アメリカ原産で、イワタバコ科の非耐寒性常緑多年草です。夏、よく分枝する茎からライナーが伸びて、小さな鮮紅色の花を咲かせます。花に白毛があり、外側が赤い筒状で先端で大きく開き、丸味のある5弁花のように5つに浅く切れています。花の内側は黄色で赤い斑があります。 草丈は低く上に伸びずに横に広がります。 園芸品種が多く作られており、葉の中央部にある斑の色や葉脈色、葉縁色が異なります。高温多湿と日陰を好む植物で、観葉植物としても好まれます。アカジョウ(学名:Episcia cupreata cv "Acajou")は、葉が緑色地で葉縁がチョコレート色、葉脈が銀緑色、葉中央にシルバー色の斑がある品種です。花言葉は「こま目」です。

一般名:エピスキア・クプレアタ(Episcia cupreata)、学名:Episcia cupreata 、分類名(APG III):植物界被子植物双子葉植物類シソ目イワタバコ科エピスキア属 、別名:ハイベニギリ(這紅桐)、ベニギリソウ(紅桐草)、クプレアタ、Episcia cupreata、エピスシア、エピスシア・クプレアータ、Flame violet(フレーム・バイオレット) 、原産地:コロンビアなどの熱帯アメリカ、環境:森林の林床の日陰、生活型:非耐寒性常緑多年草、草丈:10cm、蔓状の茎長:300cm、葉色:緑色地で葉脈がシルバー、葉長:10cm、葉幅:7cm、葉形:広卵形、葉序:対生、花色:赤(外側)、黄色地に赤色斑点(内側)、花長:3cm、花形:花弁が合着した合弁花(筒状花)で先端が5浅裂し広がる、開花期:5月~9月。

詳細情報

シソ
イワタバコ
エピスキア
エピスキア・クプレアタ
花言葉
小まめ / Well-managed
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海外
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
10 ~ 10 [cm]
花径
3 ~ 3

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved