かぎけん花図鑑

ラショウモンカズラ

基本情報
花名
ラショウモンカズラ
英名
Meehania urticifolia
学名
Meehania urticifolia
別名
羅生門葛
原産地
朝鮮半島、中国、日本
生活型
多年草
コメント
ラショウモンカズラ(羅生門葛、学名: Meehania urticifolia )とは、朝鮮半島、中国、日本原産で、シソ科ラショウモンカズラ属の多年草です。全草に芳香が有ります。日本では本州から九州の山地の湿地に自生します。春に、茎先の葉腋から集散花序を伸ばし紫色の唇形花を横向きに2~3個咲かせます。花冠長は4-5cmほどあります。下唇中央から花が突出する。花後に長い創出枝が地上を這います。
詳細情報
シソ
シソ
ラショウモンカズラ
ラショウモンカズラ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
開花時期
4月 5月
高さ
20  ~ 30  [cm]
花径
1.5  ~ 2