スティクトカルディア・ベラビエンシス

  • スティクトカルディア・ベラビエンシス_img_0
    スティクトカルディア・ベラビエンシス @ 京都府立植物園
  • スティクトカルディア・ベラビエンシス_img_1
    スティクトカルディア・ベラビエンシス @ 京都府立植物園

基本情報

花名
スティクトカルディア・ベラビエンシス
英名
Stictocardia beraviensis
学名
Stictocardia beraviensis
別名
Stictocardia beraviensis, Hawaiian Sunset Vine
原産地
マダガスカル共和国
生活型
熱帯性・蔓性多年生植物

コメント

スティクトカルディア・ベラビエンシスとは

スティクトカルディア・ベラビエンシス(学名:Stictocardia beraviensis)は、マダガスカル共和国原産で、ヒルガオ科オオバハマアサガオ属の熱帯性・蔓性常緑樹です。ハワイなどで栽培されています。葉は緑色でベルベット状で多肉質です。成長が早くフェンスや棚などに巻き付きます。花は赤地/ピンク地に黄色とオレンジ色の縞模様入りにぎやかです蜜蜂や蝶、鳥が好む蜜源植物です。

一般名:スティクトカルディア・ベラビエンシス、学名:Stictocardia beraviensis、又名:Hawaiian Sunset Vine、Hawaiian Bell、Braveheart Vine、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科オオバハマアサガオ属、草丈:2.5 - 3 m、葉形:ハート形、葉質:ベルベット状、花形:杯型、花色:赤色地に黄色とオレンジ色の縞模様入り、開花期:3月~9月、花径:5~7.5 cm、用途:壁、塀、フェンス、棚のアクセント。

詳細情報

ナス
ヒルガオ
オオバハマアサガオ
スティクトカルディア・ベラビエンシス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域沖縄
赤, ピンク, 橙
開花時期
3月4月5月6月7月8月9月
高さ
250 ~ 300 [cm]
花径
5 ~ 7.5

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img

ランダムな花

ハートカズラ_img
ツリガネカズラ_img
ソメイヨシノ_img
クレマチス ‘コンフェッティ’_img
アスパラガス・オフィキナリス_img
オオキンケイギク_img
モウソウチク_img
タイワンニンジンボク_img
クレマチス_img
キタヤマスギ_img
シンビジウム シーサイド 'プリンセス雅子'_img
オオカニコウモリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved