イブキトラノオ

Bistorta subsp. japonica

  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • 花名
    イブキトラノオ
  • 学名
    Bistorta subsp. japonica
  • 別名エビクサ, 伊吹虎の尾
  • 原産地日本
  • 開花場所高山
  • 開花期6月, 7月, 8月

イブキトラノオとは

イブキトラノオ(学名:Bistorta subsp. japonica)は、日本原産で、タデ科イブキトラノオ属の高山性多年草です。伊吹山に多く自生し、花茎から伸びた総状花序に白花を咲かせます。花穂が虎の尾のように見えることが和名の由来です。白い五弁花のように見えるのは5深裂した萼であり、花弁はありません。根茎はケンジン(拳参)と呼ばれ、抗菌や鎮咳の薬草とされます。

一般名:イブキトラノオ(伊吹虎の尾)、別名:エビクサ、ヤマダイオウ、ヤナギソウ(柳草)、学名:Bistorta officinalis subsp. japonica、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科イブキトラノオ属、原産地:日本、生息分布:北海道~九州の日本、環境:高山や山地の草地、生活型:高山性多年草、草丈:30〜100 cm、根生葉:葉柄の長い卵状長楕円形~長楕円披針形、葉縁:全縁、葉身長:20 cm、葉序:互生、花序形:総状花序、花序長:3〜8 cm、花弁:無し、花色(実際は、萼色):白色〜淡紅色、開花期(萼):6月〜8月、小花径(実際は萼径):0.3 cm、萼(花のように見える):5裂、花柱数:3、雄蕊数:8、用途:生薬


  • ナデシコ
  • タデ
  • イブキトラノオ
  • イブキトラノオ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型高山性多年草
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花