ヒメツルニチニチソウ

  • ヒメツルニチニチソウ_img_0

    ヒメツルニチニチソウ @ 木場公園

  • ヒメツルニチニチソウ_img_1

    ヒメツルニチニチソウ @ 木場公園

  • ヒメツルニチニチソウ_img_2

    ヒメツルニチニチソウ @ 木場公園

基本情報

花名
ヒメツルニチニチソウ
英名
Vinca minor
学名
Vinca minor
別名
Vinca minor, ビンカ ミノール, 姫蔓日々草
原産地
ヨーロッパ中部~コーカサス
生活型
耐寒性ツル性常緑低木

コメント

ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草、学名:Vinca minor)は、ヨーロッパ中部~コーカサス原産で、キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の耐寒性ツル性常緑低木です。 同属のツルニチニチソウ(Vinca major、蔓日々草、ビンカ・マジョール)を小さくしたような草本で、学名のビンカ・ミノールとも呼ばれます。春~初夏に、直立した花茎に青紫色の花を咲かせます。ビンカマジョール(Vinca major)に比べて花や葉は小さいですが、耐寒性が強く寒地地に適しています。その反面、暑さには弱いです。花壇のグランドカバーとして用いられる他、脳の血の浄化による機能改善や、神経・精神症状を向上させる効果がある薬草・ハーブとして用いられます。ツルニチニチソウとヒメツルニチニチソウの違いは以下の通りです。花言葉は「優しい思い出」。ツルニチニチソウ(マジョール)は、花や葉が大きい、耐暑性があり、萼に毛があり、匍匐枝から根が出ない。ヒメツルニチニチソウ(ミノール)は、花や葉が小さい、耐寒性があり、萼に毛が無く、匍匐枝から根が出る。

一般名:ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)、学名:Vinca minor L.、別名:ビンカミノール(Vinca minor)、ビンカマイナー(Vinca minor)、 ペリウィンクル(Periwinkle)、Common Periwinkle(コモン・ペリウィンクル)、レッサー・ペリウィンクル、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目キョウチクトウ科ヒメツルニチニチソウ属、原産地:ヨーロッパ中部~コーカサス 、花径:2~2.5 cm、開花期:3月~7月、花色:青紫・ピンク・白。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
ツルニチニチソウ
ヒメツルニチニチソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
3月4月5月6月7月
高さ
10 ~ 60 [cm]
花径
2 ~ 2.5

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
ホワイトパウダーパフ_img
クラスペディア_img
テマリソウ_img

ランダムな花

ミツマタ_img
ツバキ ハナダイジン_img
カンパニュラ '鈴姫'_img
ヤクシソウ_img
ラッカセイ_img
エゾイソツツジ_img
ショウゴインカブ_img
ウラシマソウ_img
スカシユリ'エロディ'_img
アカゲウリ_img
インドネシアン・ワックス・ジンジャー_img
サンパチェンス_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved