チトセカズラ

  • チトセカズラ_img_0
    チトセカズラ @ あとで

基本情報

花名
チトセカズラ
英名
Gardneria multiflora
学名
Gardneria multiflora
別名
原産地
日本、台湾、中国大陸
生活型
常緑蔓性木本植物

コメント

チトセカズラとは

チトセカズラ(千歳葛、学名:Gardneria multiflora)は、日本、台湾、中国大陸原産で、マチン科ホウライカズラ属の常緑蔓性木本植物です。日本では兵庫県・中国地方の森林や渓谷沿いなどの岩石地に自生します。夏に、葉腋から集散花序を伸ばし黄色い花を3~8個咲かせます。花冠と雄蕊に毛は無い。

一般名:チトセカズラ(千歳葛)、学名:Gardneria multiflora、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目マチン科ホウライカズラ属チトセカズラ種、葉序:対生、葉縁:全縁、葉形:狭長楕円形、葉質:皮質、葉色:深緑色、葉身長:7~12 cm、葉幅:1~3 cm、花序形:二出集散花序、花冠:5深裂、花色:橙色、花径:1~1.2 cm、雄蕊数:5、雌蕊数:1、花径:1 cm、花冠形:筒状/喇叭状、花長:0.5 cm、開花期:6月~7月、果期:7月~11月、果実形:球形、果実型:浆果、果実径:0.6-0.8 cm、果実色:赤熟。

画像が魚の場合は、申し訳ありませんが、花の写真は準備中です。

詳細情報

リンドウ
マチン
ホウライカズラ
チトセカズラ
花のタイプ
花の配列
2出集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
橙, 黄
開花時期
6月7月
高さ
 ~  [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ルリハナガサモドキ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

サツキ_img
メリケンムグラ_img
カルダモン_img
シロヤマブキ_img
エケベリア・セクンダ_img
日本桜草 '臥竜梅'_img
コロラドトウヒ 'ホプシー'_img
キャラウェイ_img
ヌマツルギク_img
キクバクワガタ_img
レモンリーフ_img
セコイア_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved