チトセカズラ

Gardneria multiflora

  • チトセカズラ
  • チトセカズラ
  • チトセカズラ
  • チトセカズラ
  • 花名
    チトセカズラ
  • 学名
    Gardneria multiflora
  • 別名千歳葛
  • 原産地日本、台湾、中国大陸
  • 開花場所低山
  • 開花期6月, 7月

チトセカズラとは

チトセカズラ(千歳葛、学名:Gardneria multiflora)は、日本、台湾、中国大陸原産で、マチン科ホウライカズラ属の常緑蔓性木本植物です。日本では兵庫県・中国地方の森林や渓谷沿いなどの岩石地に自生します。夏に、葉腋から集散花序を伸ばし黄色い花を3~8個咲かせます。花冠と雄蕊に毛は無い。

一般名:チトセカズラ(千歳葛)、学名:Gardneria multiflora、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目マチン科ホウライカズラ属チトセカズラ種、葉序:対生、葉縁:全縁、葉形:狭長楕円形、葉質:皮質、葉色:深緑色、葉身長:7~12 cm、葉幅:1~3 cm、花序形:二出集散花序、花冠:5深裂、花色:橙色、花径:1~1.2 cm、雄蕊数:5、雌蕊数:1、花径:1 cm、花冠形:筒状/喇叭状、花長:0.5 cm、開花期:6月~7月、果期:7月~11月、果実形:球形、果実型:浆果、果実径:0.6-0.8 cm、果実色:赤熟。


  • リンドウ
  • マチン
  • ホウライカズラ
  • チトセカズラ
  • 花のタイプ
  • 花序
    2出集散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑蔓性木本植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ ~ cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花