ハナモモ・テルテベニ

  • ハナモモ・テルテベニ_img_0
    ハナモモ・テルテベニ @ 京都府立植物園
  • ハナモモ・テルテベニ_img_1
    ハナモモ・テルテベニ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ハナモモ・テルテベニ
英名
Terutebeni
学名
Prunnus persica cv. terutebeni
別名
原産地
日本の園芸品種、(中国)
生活型
耐寒性落葉高低木

コメント

ハナモモ・テルテベニとは

ハナモモ・テルテベニ(花桃・照手紅、学名:Prunnus persica cv. Terutebeni)は、園芸品種で、バラ科サクラ属の耐寒性落葉小高木です。主として花を観賞するモモ(桃)で、果実は小さくて食用には適しません。親は中国原産です。開花期は、ウメ(梅)とサクラ(桜)の間で、花を桃の節句に飾ります。テルテベニは枝が横に広がらず、縦に伸びる「ほうき立ち品種」です。花は大輪で、紅色の八重花を咲かせます。白い花を咲かせるハナモモ・テルテシロ(花桃・照手白(学名:Prunnus persica cv. Teruteshiro))もあります。花言葉は「あなたに夢中」。

一般名:ハナモモ・テルテベニ(花桃・照手紅)、学名:Prunnus persica cv. Terutebeni 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属、原産地:中国 、樹高:120~1000 cm、樹形:立性、花色:紅、花径:5 cm、 咲き方:八重、花期:3月~4月。

詳細情報

バラ
バラ
サクラ
ハナモモ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
切り花・生け花植物園公園園芸品種盆栽街路、植栽
赤, 白
開花時期
3月4月
高さ
120 ~ 1000 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

オカメザクラ_img
ウモウケイトウ_img
ロベリア _img
ツガ_img
コシノヒガンザクラ_img
ホウオウボク_img
日本桜草 ’笹鳴’_img
エゾフウロ_img
ミチノクフクジュソウ_img
モッコウバラ_img
フクギ_img
シンビジウム シーサイド 'プリンセス雅子'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved