かぎけん花図鑑

デンドロビウム・スペシオサム

基本情報
花名
デンドロビウム・スペシオサム
英名
Dendrobium speciosum
学名
Dendrobium speciosum
別名
タイミンセッコク, ダイミョウセッコク
原産地
オーストラリア、ニューギニア
生活型
常緑多年草
コメント
デンドロビウム・スペシオサム(学名:Dendrobium speciosum )はラン科デンドロビウム属の大形の常緑多年草です。冬から春に、バルブから花茎を伸ばし100~200輪の花を咲かせます。花は白、薄黄、黄色です。写真は ’白波’('Shiranami')です。
一般名:デンドロビウム・スペシオサム ’白波’、学名:Dendrobium speciosum、又名:タイミンセッコク(大明石斛)、大名石斛(ダイミョウセッコク)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科デンドロビウム属、原産地:ニューギニア~オーストラリア東海岸、環境:低山、草丈:30~60 cm、花色:白・薄黄・黄、花径:2~8 cm、開花期:2月~4月。
詳細情報
キジカクシ
ラン
デンドロビウム
デンドロビウム・スペシオサム
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海外 低山
クリーム, 白
開花時期
2月 3月 4月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
2  ~ 8