ポプラ

  • ポプラ_img_0
    ポプラ @ 北海道大学
  • ポプラ_img_1
    ポプラ @ 北海道大学

基本情報

花名
ポプラ
英名
Poplar
学名
Populus x canadensis
別名
セイヨウハコヤナギ, poplar
原産地
イタリヤ、フランス
生活型
耐寒・耐暑・耐乾性落葉高木

コメント

ポプラとは

ポプラ(poplar 、学名:Populus x canadensis)は、イタリアや、フランス原産で、ヤナギ科ヤマナラシ属の耐寒・耐暑・耐乾性落葉樹です。
樹形は箒状をしており、晩春に紐状の花序に黄色や赤い小花を咲かせます。
花後に白い綿毛が飛散します。木の生長が早いので緑化に利用されます。
材質が柔らかく加工に適しているので、包装用の箱の材料として使われたりパルプ材にされます。
耐久性がないので台風などで倒壊することがあります。
別名のヤマナラシ(山鳴らし)とは、風が吹くと木の葉が擦れ合って音がすることに拠ります。
葉は菱状三角形をしており、葉縁に細かい鋸歯があります。
挿し木で簡単に増える他、風媒花なので風で遠くへ花粉が運ばされて繁殖します。北大のポプラ並木が有名です。

ポプラの基礎データ


一般名:ポプラ(poplar)、学名:Populus x canadensis(ポプルス)、
又名:カナダポプラ(Canadian poplar)
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目ヤナギ科ヤマナラシ属、別名:セイヨウハコヤナギ(西洋箱柳)、
原産地:イタリヤ、フランス、樹高:10~15 m、最高:40 m、葉形:菱状三角形、
花序形:穂状花序、雄花と雌花共に、開花期:5月~6月、綿毛の飛散時期:6月下旬~2週間程。

詳細情報

キントラノオ
ヤナギ
ヤマナラシ
ポプラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
三角形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
公園
赤, 黄
開花時期
5月6月
高さ
1000 ~ 4000 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
サンタンカ_img
テマリソウ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

ミニ水仙テータテート_img
プリムラ・オブコニカ_img
ポテンティラ_img
パフィオ・エメラルド ゲート 'グリーン グローブ'_img
ヤエヤマヤシ_img
クロコショウ_img
シラネアオイ_img
トキイロヒラタケ_img
スギナモ_img
ガザニア_img
ヒマワリ マンチキン_img
ツンベルギア・フォーゲリアナ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved