キクザキイチゲ

Anemone pseudoaltaica

  • キクザキイチゲ
  • キクザキイチゲ
  • キクザキイチゲ
  • キクザキイチゲ
  • 花名
    キクザキイチゲ
  • 学名
    Anemone pseudoaltaica
  • 別名キクザキイチリンソウ, 菊咲一輪草, Anemone pseudoaltaica, 菊咲一華
  • 原産地日本、台湾、中国
  • 開花場所低山
  • 開花期3月, 4月, 5月

キクザキイチゲとは

キクザキイチゲ(菊咲一華、学名:Anemone pseudoaltaica)は、日本等原産でキンポウゲ科の耐寒性多年草(宿根草)です。春に、北海道〜本州中部の低山の林床や林縁に群落を作ります。葉は根生葉で、葉のつき方は3出葉が3葉輪生です。春に、茎先に一輪の菊花に似た白〜薄紫の花を咲かせます。

一般名:キクザキイチゲ(菊咲一華)、学名:Anemone pseudoaltaica、別名:キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)、ルリイチゲソウ(瑠璃一華草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属キクザキイチゲ種、生息分布:北海道〜本州中部、環境:低山の林床や林縁に群生、草丈:10〜30 cm、茎:1本が直立、根生葉、葉序:3出葉が3葉輪生、花色:白〜薄紫、花の咲き方:平開、雄蘂:多数、花径:2.5〜4 cm、開花期:3月下旬―5月下旬、備考:両性花、虫媒花、スプリングエフェメラル。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • イチリンソウ
  • キクザキイチゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
  • 生活型耐寒性多年草(宿根草)
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径2.5 ~ 4.0 cm

ランダムな花