アズマイチゲ

Anemone raddeana

  • アズマイチゲ
  • アズマイチゲ
  • 花名
    アズマイチゲ
  • 学名
    Anemone raddeana
  • 別名東一華, Anemone raddeana
  • 原産地は日本~朝鮮半島
  • 開花場所低山
  • 開花期3月, 4月, 5月

アズマイチゲとは

アズマイチゲ(東一華、学名:Anemone raddeana)は日本~朝鮮半島原産で、キンポウゲ科イチリンソウ属の落葉多年草です。北海道~九州の山地に自生します。3枚の葉が輪生します。春に茎頂に白い一輪花を咲かせますが、花弁は無く、花のように見えるものは萼片です。

アズマイチゲ(東一華)、学名:Anemone raddeana、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属アズマイチゲ種、葉形:3出複葉、開花期:3~5月、草丈:15~20cm、花弁:無、花弁のように見える萼片(花)径:2~3 cm、花色(萼片)色:白。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • イチリンソウ
  • アズマイチゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 20.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花