ニオイアラセイトウ

  • ニオイアラセイトウ_img_0
    eos
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園
  • ニオイアラセイトウ_img_1
    eos
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園
  • ニオイアラセイトウ_img_2
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園
  • ニオイアラセイトウ_img_3
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園
  • ニオイアラセイトウ_img_4
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園
  • ニオイアラセイトウ_img_5
    ニオイアラセイトウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ニオイアラセイトウ
英名
Wall flower
学名
Erysimum cheiri
別名
ウォール フラワー, Wall flower, チェイランサス, 匂紫羅欄花
原産地
南欧州原産の園芸品種
生活型
1・2年草

コメント

ニオイアラセイトウとは

ニオイアラセイトウ(匂紫羅欄花、学名:Erysimum cheiri)はアブラナ科エリシマム属の半耐寒性一・ニ年草です。アラセイトウ=ストック(Stock、学名:Matthiola incana)と似ており、芳香があります。春、茎頂から総状花序を伸ばし小さな4弁花を多数付けます。
花色には、黄色、橙、白、赤があります。草丈別では、背の低い早咲き矮性品種’ベガ’シリーズ(Vega Series)、背が高い高性品種’'ボウルズ・モーブ’などがあります。別名で、Wall flower(ウォール フラワー)、チェイランサスとも呼ばれます。

ニオイアラセイトウの情報


一般名:ニオイアラセイトウ(匂紫羅欄花)、学名:Erysimum cheiri 、別名:Erysimum cheiri 、Wall flower(ウォール フラワー)、チェイランサス、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類アブラナ目アブラナ科エリシマム属(エゾスズシロ属)、原産地:南欧州原産の園芸品種、生活型:1~2年草、草丈:30〜50 cm、葉形:披針形~広針形、葉序:互生、葉身:3~10 cm、花序形:総状花序、開花期:2月~5月、花径:2~3 cm、花色:黄・橙・赤・白、花形:4弁花、備考:香りと薬効あり、用途:庭植え・鉢植え・ロックガーデン・切花。

詳細情報

アブラナ
アブラナ
エリシマム
Erysimum × cheiri cv.
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, 橙, 黄, 白
開花時期
2月3月4月5月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
フシグロセンノウ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

タツノヒゲ_img
マカデミア_img
カンパニュラ '鈴姫'_img
ユリオプスデージー_img
ピラカンサ_img
カランコエ_img
クワズイモ_img
ルコウソウ_img
エピスキア・クプレアタ_img
ヒメツルソバ_img
ノザワナ_img
タマスダレ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved