ヒイラギモクセイ

  • ヒイラギモクセイ_img_0
    ヒイラギモクセイ @ 木場公園
  • ヒイラギモクセイ_img_1
    ヒイラギモクセイ @ 木場公園
  • ヒイラギモクセイ_img_2
    ヒイラギモクセイ @ 木場公園

基本情報

花名
ヒイラギモクセイ
英名
Osmanthus fortunei
学名
Osmanthus × fortunei
別名
柊木犀, Osmanthus fortunei
原産地
交配種
生活型
常緑小高木

コメント

ヒイラギモクセイとは

ヒイラギモクセイ(柊木犀、学名:Osmanthus × fortunei)は、モクセイ科モクセイ属の常緑広葉小高木です。ヒイラギ(柊、学名:Osmanthus heterophyllus)とギンモクセイ(銀木犀、学名:Osmanthus fragrans)の交雑種です。雄株のみの存在が知られており結実しません。繁殖は挿し木で行います。10月に、花冠が4裂した白い芳香のある小花を葉腋に6~12輪ずつ束生します。花冠裂片はヒイラギは後ろに大きく反り返りますが、ヒイラギモクセイは反り返りません。

分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目モクセイ科モクセイ属、樹高:2~7 m、樹皮:灰色、生活型:常緑小高木、葉長:6~8 cm、葉幅:3~4 cm、葉質:皮質、葉序:対生、葉形:楕円形、葉縁:棘状鋸歯、葉柄長:0.7~1 cm、雌雄異株、開花期:10月、花の咲く場所:葉腋、花色:白、花冠形:4深裂、花径:0.8~1 cm、雄蕊数:2、雌蕊:退化、用途:生垣、公園、庭、街路樹。

詳細情報

シソ
モクセイ
モクセイ
ヒイラギモクセイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
壺形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
棘状+鋸歯
鑑賞場所
街路、植栽
開花時期
10月
高さ
200 ~ 700 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

ヤグルマソウ_img
フェニックス_img
カキノキ_img
椿 天香_img
カエデ_img
花菖蒲 '松ヶ枝’_img
アングレカム フロルレンタム_img
ネオレゲリア・オレンジペコ_img
ツバキ アルバ・プレナ_img
オオバナカリッサ_img
ヒギリ_img
変化朝顔 ’青桔梗葉木立紅覆輪桔梗咲’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved