アゲラタム

キク 目キク 科カッコウアザミ 属アゲラタム 種
アゲラタム_img_0アゲラタム_img_1アゲラタム_img_2
アゲラタム_img_0アゲラタム_img_1アゲラタム_img_2

基本情報

花名
アゲラタム
英名
Ageratum
学名
Ageratum houstonianum
別名
オオカッコウアザミ, 大霍香薊, ムラサキカッコウアザミ, Ageratum
原産地
南米
生活型
非耐寒性一年草(多年草)

コメント

アゲラタム(Ageratum)は、散房花序に針状の花弁を持つ小花が多数集合して咲いた様子が化粧パフのようにふんわり盛り上がって見えるキク科カッコウアザミ属の非耐寒性一年草(多年草)です。本来、多年草ですが、原産地が南米であることから寒さに弱く、日本では冬前に枯れてしまうので園芸上は一年草として扱われます。青紫色の花を多く見掛けますが、白色や桃色品種もあります。葉は緑色をしています。花を長期間咲かせるには、花殻(咲き終わった花)や、枯葉(黄ばんだ葉)をこまめに摘み採る必要があります。別名でオオカッコウアザミ(大霍香薊)と呼ばれるのは、葉が薬草のカッコウ(霍香、シソ科のカワミドリ)の香に似ており、花がアザミ(薊)に似てさらに大きいカッコウアザミ(霍香薊)のような花を咲かせることに因みます。
一般名:アゲラタム(Ageratum)
学名:Ageratum houstonianum
別名:オオカッコウアザミ(大霍香薊)、ムラサキカッコウアザミ
科属名:植物界被子植物真正双子葉類キクキク科カッコウアザミ属
原産地:メキシコ、ペルー等の南米
草丈:20cm(矮性)〜70cm(高性)  全草:荒毛有 茎:直立で根元から分枝
葉序:対生 葉身長:10cm 葉形:円形
花序形:散房花序 花序径:6〜10cm 花色:青紫・白・桃 開花期:6〜10月 花径:1cm 

詳細情報

キク
キク
カッコウアザミ
アゲラタム
花言葉
安泰 / Aetna
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
円形
葉の縁
鑑賞場所
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
20 ~ 70 [cm]
花径
1 ~
特集
中島みゆき的花(ア行)
Pandanus odoratissimus_img
特集
八ヶ岳薬用植物園
Verbena hastata cv._img
特集
和代さんの庭
Evolvulus pilosus_img
特集
知佐さんの盛花
Lilium_img
特集
秋の七草
Lespdeza._img
特集
9月の緑色の花
Amaranthus caudatus_img

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved