アサガオ

ナス 目ヒルガオ 科サツマイモ 属アサガオ 種
アサガオ_img_0アサガオ_img_1アサガオ_img_2アサガオ_img_3アサガオ_img_4
アサガオ_img_0アサガオ_img_1アサガオ_img_2アサガオ_img_3アサガオ_img_4

基本情報

花名
アサガオ
英名
Morning Glory
学名
Phabitis nil
別名
Morning Glory, 朝顔, 牽牛花
原産地
熱帯アジア
生活型
蔓性一年草

コメント

アサガオ(朝顔、学名:Phabitis nil)は熱帯アジア原産のヒルガオ科サツマイモ属の蔓性一年草です。庭や校庭などに植えられています。初夏の早朝にラッパ状の花を咲かせ午前中に萎みます。葉はほこ形をしています。原種の花色は薄青色ですが、現在では多数の園芸種が作られ、花色が豊富になりました。花色には、青や青紫、紅紫、赤、桃色、白などがあります。花後になる果実は朔果で、雌蕊の子房の心皮が幾枚か合わさって1つの乾いた果実になります。
一般名:アサガオ(朝顔)、学名:Phabitis nil、別名:Japanese Morning Glory、牽牛花、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科サツマイモ属アサガオ種、原産地:熱帯アジア、生活型:蔓性一年草、茎長(蔓長):100~300cm、葉形:鉾型、 葉縁:全縁、葉序:互生、花序:岐散状=二出集散花序(dichasium)、花形:先端が開いた円錐形、花径:5~20cm、雌蕊数:3心皮性、雄蕊数:5、花色:薄青・青・青紫・紅紫・赤・桃・白、開花期:6月~10月、果実型:朔果、種子色:黒。 

詳細情報

ナス
ヒルガオ
サツマイモ
アサガオ
花言葉
愛情の絆 / Bonds of affection
花のタイプ
放射相称花
花の配列
2出集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
矛形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花
赤, ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
100 ~ 300 [cm]
花径
5 ~ 20
特集
中島みゆき的花(ア行)
Pandanus odoratissimus_img
特集
魅力的な花
Anguloa cliftonii x licaste aromatica_img
特集
変わった植物
Phytolacca dioica_img
特集
エビネ特集
Calanthe discolor_img
特集
花菖蒲の特集
Iris ensata var. ensata ’aio’_img
特集
花材
Cordyline fruticosa  ‘aichiaka’_img

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved