かぎけん花図鑑

アタミザクラ

基本情報
花名
アタミザクラ
英名
Atamizakura
学名
Prunus kanzakura 'atami zakura'
別名
熱海桜, sakura, サクラ, cherry tree, 桜
原産地
園芸品種
生活型
落葉小高木
コメント
アタミザクラ(あたみ桜、学名:Prunus kanzakura)は、熱海地方で1月~2月に咲いているバラ科バラ属の落葉小高木「カンザクラ(寒桜)」です。花は、薄紅色の五弁花一重咲きで、小輪です。
熱海市観光協会公式観光サイト「あたみニュース」によると、「あたみ桜」は、「日本で最も早咲きの桜」で、インド原産の寒桜の一種。明治4年頃イタリア人によって熱海にもたらされ増殖が行われて下田の御用邸や、伊勢神宮、東宮御所に献上される。「あたみ桜」と命名され、熱海市の木に指定された。両親は、花粉形態分析等から、台湾・沖縄産の寒緋桜と日本の山桜らしい、ということです。
一般名:アタミザクラ(热海桜)、学名:Prunus kanzakura(プラナス・カンザクラ)、別名(正式名称):カンザクラ(寒桜)、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属、樹高:4~6m、葉形:楕円形、開花期:1月~3月、花序:散房花序、または、散形花序、花色:薄紅色、花の咲き方:一重の5弁花、花の大きさ:小輪。
詳細情報
バラ
バラ
サクラ
カンザクラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域
ピンク
開花時期
1月 2月 3月
高さ
400  ~ 600  [cm]
花径
2.5  ~ 3