かぎけん花図鑑

アマリリス

基本情報
花名
アマリリス
英名
Amaryllis
学名
Hippeastrum hybridum
別名
ヒッペアストラム, Amaryllis, Hippeastrum, ナイトスターリリー, Night lily
原産地
中南米
生活型
球根植物
コメント
アマリリス(Amaryllis、学名:Hippeastrum hybridum)は、中南米原産で、ヒガンバナ科ヒッペアストラム属の半耐寒性球根植物(多年草)です。緑色の太い花茎先端に豪華な漏斗状の大輪の花を数輪横向きに咲かせます。花茎の両側から剣状で幅広の緑色の葉が出ます。多数の園芸品種が栽培されており、ヒッペアストルム属の園芸改良品種のヒブリダムは1株から1本の花茎を出しますが、グラシリ系の品種は1株から3本の花茎を出します。アマリリスという花名は、ギリシャ神話に出てくる羊飼いの娘の名前が由来です。内気でお話が好きな少女アマリリスは同じ羊飼いの美少年アルテオに想いを寄せていました。しかし、花好きの少年はいつも自分に美しい花をくれる別の少女に好意を持っていました。彼の欲しいものが、地上で一番美しい花一輪ということを知った少女は、彼の愛を得るために神に祈りを捧げました。すると、お告げと共に1本の金の矢を授かりました。お告げに従い、少女は自らの胸に矢を刺すと、血が流れ輝くばかりに美しい花を咲かせました。その花を見た少年の心を射止め、その後幸福に暮らしたそうです。花言葉は、輝くばかりの美しさ、誇り等です。「誇り」とは、血を流し美しい花を咲かせて彼の愛を得た彼女の自意識から発生しているのではないでしょうか。
一般名:アマリリス(Amaryllis)、学名:Hippeastrum hybridum(アマリリス・ヒッペアストルム・ヒブリダム)、別名:ヒッペアストラム(Hippeastrum)、ナイトスターリリー(Night lily)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ヒッペアストラム属、原産地:中南米、生活型:球根植物(鱗茎)、草丈:30〜60 cm、茎:中空、葉形:剣状、葉色:緑、開花期:5月〜10月(盛夏:8月〜9月を除く)、花色:赤・橙・白・桃・紅白の複色、花径:10〜20 cm、花弁数:6(一重咲)、八重咲。
詳細情報
キジカクシ
ヒガンバナ
ヒッペアストラム
アマリリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, ピンク, 橙, クリーム, 白
開花時期
5月 6月 7月 10月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
10  ~ 20