かぎけん花図鑑

エンレイソウ

基本情報
花名
エンレイソウ
英名
Wake robin
学名
Trillium smallii
別名
延齢草, Wake robin, Enreisou
原産地
日本~樺太
生活型
多年草
コメント
エンレイソウ(延齢草、学名:Trillium smallii)は、日本~樺太原産で、メランチウム科エンレイソウ属の多年草です。成長が遅い植物で、開花まで10年程かかります。この植物の特徴は、茎先端から直接出る大きな3枚の輪生葉で、葉は丸味を帯びた菱形をしています。春から初夏に、花茎の付け根から短い花柄が伸びて、花のような赤紫色の3枚の萼片と、6本の雄蕊、先が3裂した1本の雌蕊を持つ1個の小花を横向きに咲かせます。花に花弁は無く、花弁のような萼片があるだけです。花後に緑色(アオミノエンレイソウ)、または、黒紫色(クロミノエンレイソウ)の球形の果実が成ります。果実は食べられます。根茎に有毒成分サポニンが含まれますが、中国では古くから漢方薬の延齢草根という胃腸薬の材料とされます。萼色が緑色のものは、トイシノエンレイソウ(学名:Trillium smallii f. album)と言います。花言葉は「叡智」。山奥で10年かけて1輪の薬草(毒草でもある)をひっそりと咲かせる花に相応しいかもしれません。
一般名:エンレイソウ(延齢草)、学名:Trillium smallii、シノニム:Trillium apetalon、別名:アオミノエンレイソウ(青実の延齢草)、クロミノエンレイソウ黒実の延齢草)、Wake robin、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目メランチウム科エンレイソウ属、原産地:日本、樺太、生息分布:サハリン、北海道・本州・四国・九州の日本、環境:低地や山地の林内の湿地、生活型:多年草、茎丈:20〜50cm、葉序:輪生、葉数:3枚、葉色:緑、葉形:丸味のある菱形、葉径:10〜20cm、葉柄:無し、花弁:無し、開花期:4月~6月、萼数:3、花色(実際には萼色):赤紫・緑、萼径:2cm、花の出る場所:葉腋、果実型:液果、果実色:緑、黒、用途:漢方薬。
詳細情報
ユリ
メランチウム
エンレイソウ
エンレイソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
菱形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道 低山 湿地
赤, 緑, 紫
開花時期
4月 5月 6月
高さ
20  ~ 50  [cm]
花径
1  ~ 2