オートグラフ・ツリー

  • オートグラフ・ツリー_img_0

    オートグラフ・ツリー @ 不明

基本情報

花名
オートグラフ・ツリー
英名
Autograph tree
学名
Clusia rosea
別名
クルシア, Autograph Tree, Clusia, Signiture Tree
原産地
西インド諸島
生活型
常緑小高木

コメント

オートグラフ・ツリー(学名:Clusia rosea)とは、西インド諸島原産で、オトギリソウ科クルシア属の常緑小高木です。成長が早く、非常に固い木で、樹幹には多数のイボ状のぶつぶつがあります。肉厚の葉に文字や絵を書くことができ落葉するまで残ることで知られ、オートグラフ・ツリー(Autograph Tree)、Signiture Tree(シグネチャー・ツリー)と呼ばれます。薄桃色の花を咲かせ、花後に成る果実は熟すと星型に開き、中の粘ついた赤い種子を露出し落果、または鳥によって散布されます。鳥が食べた果実は他の樹上で発芽し多数の長い気根を出して寄生主に絡みつきついには絞め殺してしまうので絞め殺しの木と呼ばれ有害植物に指定されています。

一般名:オートグラフ・ツリー(Autograph Tree)、学名:Clusia rosea(クルシア・ロセア)、別名:クルシアClusia)、Signiture Tree(シグネチャー・ツリー)、マンゴスチンモドキ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目オトギリソウ科クルシア属、生息分布:西インド諸島、熱帯アメリカ、環境:場所を選ばず、樹高:5~10m、葉形:倒卵形から楕円形、葉序:対生、葉質:皮質、葉色:緑、葉身長:10~20cm、花色:白~薄桃→橙、花冠:6~10cm、花の出る場所:葉腋、花柄:短い、開花時間:夜間、開花期:周年、果実形:球形、果実径:0.6~0.8cm、種子色:赤、備考:既婚を出して寄生した植物を絞め殺す「絞め殺しの木」の一種、用途:公園樹。

詳細情報

キントラノオ
オトギリソウ
クルシア
オートグラフ・ツリー
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園
ピンク, 橙, 白
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
500 ~ 1000 [cm]
花径
6 ~ 10

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved