かぎけん花図鑑

ゴマギク

基本情報
花名
ゴマギク
英名
Parthenium hysterophorus
学名
Parthenium hysterophorus
別名
胡麻菊, Parthenium hysterophorus, ニセブタクサ, False Ragweed, アメリカブクリョウサイ, Santa-Maria, Santa Maria feverfew, whitetop weed
原産地
メキシコ
生活型
一年草野草、毒草
コメント
ゴマギク(胡麻菊、学名:Parthenium hysterophorus)は、メキシコ原産でキク科アメリカブクリョウサイ属(パルテニウム属)の一年生野草です。繁殖力が強く、日本や世界中帰化しています。キク科なので葉は菊葉に似ており、茎は柔らかく、草姿は崩れやすい。真夏~秋に、白い小花を咲かせます。9月をピークとして飛散する花粉は喘息などの花粉アレルギーの原因とされます。全株有毒です。
一般名:ゴマギク(胡麻菊)、学名:Parthenium hysterophorus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク目キク科アメリカブクリョウサイ属、別名:ニセブタクサ(False Ragweed)、アメリカブクリョウサイ、whitetop weed、famine weed、Santa-Maria、Santa Maria feverfew、原産地:メキシコ、草丈:100~200 cm、葉形:披針形/羽状、葉序:互生、花径:0.5 cm、花色:白、開花期:8月~9月、花冠:5弁花。
詳細情報
キク
キク
アメリカブクリョウサイ
ゴマギク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
8月 9月
高さ
100  ~ 200  [cm]
花径
0.5  ~ 0.5