オオキンケイギク

  • オオキンケイギク_img_0

    オオキンケイギク @ 不明

基本情報

花名
オオキンケイギク
英名
Coreopsis lanceolata
学名
Coreopsis lanceolata
別名
Lance-leaved coreopsis, 大金鶏菊
原産地
北米
生活型
宿根草

コメント

オオキンケイギク(大金鶏菊)は、北米原産でキバナノコスモス(黄花秋桜)に似た黄花を咲かせる宿根草です。キク科ハルシャギク属の外来種で道端に咲いています。繁殖力が強く、日本の在来種を脅かす存在として外来種ワースト100に選定され、栽培が禁止されました。オオキンケイギクはキバナノコスモスは似ています。見分けるコツは次の通りです。オオキンケイギクの開花期が初夏なのに対し、キバナノコスモスは初秋に咲きます。また、花弁の先端が、オオキンケイギクは4~5裂しギザギザが多いのに対し、キバナノコスモスは3裂です。

一般名:オオキンケイギク大金鶏菊
学名:Coreopsis lanceolata
別名:Lance-leaved coreopsis
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ハルシャギク属オオキンケイギク種、
原産地:北米 環境:道端、生活型:宿根草
草丈:30〜70cm、葉形:細長いへら状(狭倒披針形)、鋸歯:無、葉の両面:荒毛有、 
花径:5〜7cm、花序形:頭状花序、花冠:頭状花、舌状花色:黄橙、舌状花:花弁の先端が4,5裂、管状花色:黄、開花期:5月〜7月

詳細情報

キク
キク
ハルシャギク
オオキンケイギク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
5月6月7月
高さ
30 ~ 70 [cm]
花径
5 ~ 7

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved