オヒア・レフア

ハワイの固有種

  • オヒア・レフア_img_0

    オヒア・レフア @ エンチャンティング フローラル ガーデンズ

  • オヒア・レフア_img_1

    オヒア・レフア @ エンチャンティング フローラル ガーデンズ

基本情報

花名
オヒア・レフア
英名
' Ohi'a Lehua
学名
Metrosideros polymorpha
別名
ハワイフトモモ, 'Ohi'a Lehua, ハワイフトモモ, Rose apple, ohia lehua
原産地
ハワイ州(アメリカ)
生活型
常緑性高木

コメント

オヒア・レフア('Ohi'a Lehua、学名:Metrosideros polymorpha)は、ハワイ固有種で、フトモモ科オガサワラフトモモ属の常緑灌木です。花のように見えるものは、雄シベが集まって房状となったものです。ハワイ語でオヒアはハワイフトモモの木を指し、レファ(Lehua)は花のことです。赤花はハワイ島のレイの花となっています。赤花の他に、黄や、白、桃、橙、薄黄緑があります。ハワイ伝説では、火の女神ペレの逆鱗に触れ、恋人オヒアが醜い木に変えられたので泣き崩れる娘レフアを見かねて神々がレファをオヒアの木に咲く赤い花に化身させたと伝えられます。

一般名:オヒア・レフア('Ohi'a Lehua)、学名:Metrosideros polymorpha、別名:ハワイフトモモ、Rose apple、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フトモモ目フトモモ科オガサワラフトモモ属(ムニンフトモモ属)、原産地:ハワイ州(アメリカ)、樹高:20-25m、幹径:~90cm、葉序:対生、花色:赤、黄、白、桃、橙、薄黄緑、用途:ハワイ島のレイ、ハワイ島花

詳細情報

フトモモ
フトモモ
オガサワラフトモモ
オヒア・レフア
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
赤, ピンク, 緑, 橙, 黄, 白
開花時期
高さ
2000 ~ 25000 [cm]
花径
8 ~ 10

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

オゼトリカブト_img
マツヨイグサ_img
アケボノフウロ_img
ネフティティス・ポイソニー_img
チューリップ・スーパーパーロット_img
サンゴバナ_img
レッドパウダーパフ_img
ニガハッカ_img
ドクダミ_img
ウメ_img
ユーカリ_img
ゴヨウマツ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved