カクレミノ

  • カクレミノ_img_0

    カクレミノ @ 不明

基本情報

花名
カクレミノ
英名
Kakuremino
学名
Dendropanax trifidus
別名
隠蓑, kakuremino, Dendropanax
原産地
日本
生活型
常緑高木

コメント

カクレミノ(隠蓑、学名:Dendropanax trifidus)とは、日本原産で、ウコギ科カクレミノ属の常緑高木です。梅雨~夏に、黄緑色の小花を咲かせます。花後に緑色の実が数個ずつ枝先に集合して付き、冬に黒熟します。葉には光沢があり、厚みがありしなやかで、若木の時は広卵形で3裂し、成木になると全縁で卵形となります。大形の葉が蓑(昔の雨具)に似ていることから命名されました。悪事を隠す手段にこの木の名が使われることがあります。

一般名:カクレミノ(隠蓑)、学名:Dendropanax trifidus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目ウコギ科カクレミノ属、又名:kakuremino、原産地:日本、分布:東北南部以南の本州~沖縄 環境:暖地の林、樹高:9~15m 生活型: 常緑高木、葉長:5~12 cm、葉形:葉形:3裂(若木)→卵形~倒卵形、葉縁:全縁、葉序:互生、開花期:6月~8月、花色:黄緑、花弁数:5枚、花序長:3~4 cm、花長:0.2 cm、果実型:核果、果実形:扁球形、果実径:1 cm、果実色:緑→黒熟、用途:公園樹、庭木。

詳細情報

セリ
ウコギ
カクレミノ
カクレミノ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園墓地・寺院鉢花
開花時期
6月7月8月
高さ
900 ~ 1500 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved