ブラシノキ

  • ブラシノキ_img_0
    ブラシノキ @ 江東区
  • ブラシノキ_img_1
    ブラシノキ @ 江東区
  • ブラシノキ_img_2
    ブラシノキ @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
ブラシノキ
英名
Callistemon bottlebrush
学名
Callistemon speciosus
別名
カリステモン, ブラシの木, Callistemon, キンポウジュ, マキバブラシノキ, Bottle brush, 錦宝樹
原産地
オーストラリア
生活型
耐寒性常緑小高木

コメント

ブラシノキとは

ブラシノキ(学名: Callistemon speciosus)はオーストラリア原産でフトモモ科の耐寒性常緑小高木です。葉は緑色で堅い革質で、形は線形または被針形か船形で枝に互生してつきます。花弁は無く、雄蕊と雌蕊が多数あります。 花のように見えているのは花糸が沢山集合したものです。1本の花糸径は数ミリです。花序径は10~20cmです。花糸は鮮紅色または白色で花序に多数付けてブラシ状になります。英名では花形からボトルブラッシュ(Bottle brush) と呼ばれます。花序の先からさらに枝が伸びます。花色が赤い花はブラシノキ(ブラシの木)やキンポウジュ(錦宝樹)と呼ばれ、白い花はマキバブラシノキ(槙葉ブラシの木)と呼ばれます。雄蕊先端の黄色い葯は金粉が付いているように光ります。花後に果実が成りますが、山火事に遭うまで木についたままで種子を出さず、山火事で木が死んだら、果実が割れて種子が飛び散る性質があります。

一般名:カリステモン(Callistemon)、学名: Callistemon speciosus、別名:ブラシノキ(ブラシの木、赤花品種)、キンポウジュ(錦宝樹、赤花品種)、マキバブラシノキ(槙葉ブラシの木、白花品種)ハナマキ(花槙)、ボトルブラッシュ(Bottle brush)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目フトモモ科ブラシノキ属、原産地:オーストラリア、樹高:200~500 cm、葉長:7~10 cm、葉幅:0.5 cm、花序形:穂状花序、花弁色:緑色、花(花糸)色:赤・白、花序高:15 cm、花序径:10~20 cm、開花期:3月~7月、果実型:蒴果。

詳細情報

フトモモ
フトモモ
ブラシノキ
カリステモン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, 白
開花時期
3月4月5月6月7月
高さ
200 ~ 500 [cm]
花径
10 ~ 20

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
フシグロセンノウ_img

ランダムな花

サカキ_img
カラジウム_img
ツバキ タマガスミ_img
ゴジアオイ_img
キャベツ_img
ミブナ_img
ヒュウガミズキ_img
ムシカリ_img
ベニバスモモ_img
ハナシノブ_img
コガタシロアミメグサ_img
ヤマホタルブクロ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved