フサアカシア

Acacia dealbata

チュニジアの国花

  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • フサアカシア
  • 花名
    フサアカシア
  • 学名
    Acacia dealbata
  • 別名Acacia, ミモザアカシア, mimosa, silver wattle
  • 原産地オーストラリア
  • 開花場所庭, 植物園
  • 開花期2月, 3月, 4月
  • 花言葉プラトニックラブ

フサアカシアとは

フサアカシア(房Acacia、学名:Acacia dealbata)は、オーストラリア原産で、マメ科アカシア属の半耐寒性常緑高木です。アカシアと言えば、通常はこのアカシアを指します。春に総状花序を伸ばし、ポンポン状(小球形)の黄色い小花を多数咲かせます。花は1日花です。成長が早く、すぐに大きくなりますが、強度が弱いので強風などで枝が折れやすい。フサアカシアは、ギンヨウアカシアと共にチュニジアの国花とされます。

フサアカシアの詳細情報


一般名:フサアカシア(房Acacia)、学名:Acacia dealbata、別名:mimosa , silver wattle、ミモザアカシア、ギンヨウアカシア、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科アカシア属、原産地:オーストラリア、生活型:半耐寒性常緑高木、樹高:500~1800 cm、葉形:2回偶数羽状複葉、葉縁:全縁、葉序:互生、葉長:10~15 cm、羽片:3 cm、羽片数:10~18 対、花序形:総状花序、花序高:10~15 cm、花冠:球状の頭花、花弁径:1 cm、花弁数:多数、花色:黄、花期:2月~4月、果実型:豆果、用途:切り花、オーナメント、庭木、公園樹。

アカシアの代表品種


フサアカシア(房Acacia、学名:Acacia dealbata)、房状で黄花、偶数羽状複葉、別名:シルバー・ワトル。チュニジアの国花。
ギンヨウアカシア(銀葉Acacia、学名:A. baileyana):黄花、銀白色の羽状(偶数羽状複葉、葉裏が銀白色)、葉が小さい、生花用。チュニジアの国花。
ギンヨウアカシア・プルプレア(Purpurea、Acacia baileyana 'Purpurea'):銀葉アカシアの変種で、新芽が紫色。
サンカクバアカシア(三角葉Acacia、学名:Acacia cultriformis):単葉で、葉が三角形。
  • ミモザアカシア(Acacia decurrens):羽状複葉。別名:ブラックワットルまたはアーリーグリーンワットル。
  • ゴールデン・ワトル(学名:acacia pycnantha):ナガバアカシア=アカシア ピクナンサ、枝垂れる様な樹形咲く香りの良い黄色い花。葉は無く皮質で鎌形の「葉状体」がある。
  • パール・アカシア(学名:acacia podalyriifolia):パール(真珠)を連想させる丸形をした美しいシルバーリーフ

    フサアカシアとミモザの違い


    フサアカシアは、ミモザの花と混同されることがあります。両者はいずれもマメ科の植物ですが、以下のように違います。ミモザアカシアと呼ばれる「ミモザ」は、オジギソウ属のオジギソウのことで、葉に触れるとお辞儀をし花色はピンクです。一方、アカシアはアカシア属で、葉に触れてもお辞儀はせず、花色は一般的に黄色です。

    フサアカシアとニセアカシアの違い


    更に似ている花にニセアカシア(贋Acacia、Locust tree、学名:Robinia pseudoacacia)があります。ニセアカシアは別属(ハリエンジュ属、Robinia)で白花を咲かせます。葉がアカシアに似ていることが花名の由来です。ニセアカシアという名前は気の毒ですが、アカシアから「アカシア蜂蜜」は採取されず、ニセアカシアから採取されます。

    • マメ
    • マメ
    • アカシア
    • フサアカシア
    • 花のタイプ
      放射相称花
    • 花序
      総状花序
    • 花冠
      頭花
    • 葉形
      2回羽状複葉
    • 葉縁
      全縁
    • 生活型半耐寒性常緑中高木
    • 花の色
    • 葉の色
    • 実の色
    • 高さ500.0 ~ 1800.0 cm
    • 花径0.8 ~ 1.0 cm

    ランダムな花