キバナセンニチコウ

  • キバナセンニチコウ_img_0
    キバナセンニチコウ @ 猿江恩賜公園
  • キバナセンニチコウ_img_1
    キバナセンニチコウ @ 山口県

基本情報

花名
キバナセンニチコウ
英名
Gomphrena globosa
学名
Gomphrena haageana
別名
キバナセンニチソウ, 黄花千日紅, 黄花千日草, Rio Grande globe amaranth
原産地
熱帯アメリカ
生活型
耐寒性一年草

コメント

キバナセンニチコウとは

キバナセンニチコウ(黄花千日紅、学名:Gomphrena haageana)は、熱帯アメリカ原産で、ヒユ科センニチコウ属の耐寒性一年草の園芸種です。細い枝先にボンボンのような可愛らしい丸い頭花を咲かせます。花は鮮やかな橙黄色や橙赤色をしています。花の下に葉状苞があり、葉は細い。切花や鉢植え、花壇に植えられます。乾燥しても色褪せしないのでドライフラワーとしても使われます。同じ園芸種には、センニチコウ(千日紅、学名 Gomphrena globosa)があります。両者は、内容的にはほぼ同様ですが、センニチコウの方がやや小さく、花色は桃、白、紫紅で、葉は太めです。

一般名:キバナセンニチコウ(黄花千日紅)、学名:Gomphrena haageana(ゴンフレナ)、別名:Rio Grande globe amaranth、キバナセンニチソウ(黄千日)、アメリカセンニチコウ、ゴンフレナ(Gomphrena)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ヒユ科センニチコウ属、原産地:熱帯アメリカ、草丈:50~70 cm 花色:赤・橙、花序径:2 cm 開花期:7月~10月。

詳細情報

ナデシコ
ヒユ
センニチコウ
キバナセンニチコウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
切り花・生け花鉢花
赤, 橙
開花時期
7月8月9月10月
高さ
50 ~ 70 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
フジバカマ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ムユウジュ_img
ヤマホタルブクロ_img
イブキトラノオ_img
ミヤマアキノキリンソウ_img
スパティフィラム_img
ハナビシソウ_img
菊 福助管物_img
アスパラガス・デンシフロルス 'マイアーズ'	_img
ツワブキ_img
ミヤマクワガタ_img
シバザクラ_img
フクシュウキンカン_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved